驚異の標本箱 ‐昆虫‐ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年10月16日
商品形態:
電子書籍

驚異の標本箱 ‐昆虫‐

  • 著者 丸山 宗利
  • 著者 吉田 攻一郎
  • 著者 法師人 響
発売日:
2020年10月16日
商品形態:
電子書籍

人気昆虫博士・丸山宗利氏初の大型ヴィジュアルブック!

「ページをめくるたびに美と驚異の世界が広がる」

多くの昆虫愛好家、昆虫好きの子どもたちを魅了してやまない
人気昆虫博士・丸山宗利氏初の大型ヴィジュアルブック。
特殊な撮影方法により、小さな昆虫のさらに微細な部分を拡大し、
かつて見たことがない美と優れた構造が明らかに。
共著に工業デザイナーの吉田攻一郎氏、
若手昆虫カメラマンの法師人響氏。

●世界中の珍奇な昆虫、絶滅危惧種。
私たちの身近にいる昆虫まで100種以上掲載!
全種学名つき。

●丸山氏による昆虫の解説つき。英訳文も!

●掲載種
プラチナコガネ/ハンミョウ/ツバメガ/ミズスマシ/ハラブトゼミ/チビタマムシ/
ライオンコガネ/クサゼミ/ツノゼミ/アオゴミムシ/タマオシコガネ/
サシガメ/スズメガ/クワガタムシの雌雄モザイク/メクラシロアリコガネ/
南アメリカのゴキブリ/セナガアナバチ/マンマルコガネ/ハナカミキリ/
タガメ/クサカゲロウ/チョッキリゾウムシ/カマキリ/カマバエ/トンボ/
ヤゴ/キリアツメ/ヤママユガ/ミツギリゾウムシ/ケラ/サソリカミキリ/
グンバイムシ/イナゴ/アゲハチョウ/カタゾウムシ/シリアゲムシ/
ノミ/クモバエ/ビーバーヤドリ/アシナガコガネ/カワリタマムシ/ナナフシ/
キンバエ/メガネハネカクシ/フルニエフタオチョウ/ハサミムシ/
カミキリムシ/ジョウカイボン/キンカメムシ/イシノミ/オオゴキブリ/
ノミゾウムシ/ミバエ/ゲンゴロウ/アリ/アリノスハネカクシ/
ヒゲブトオサムシ/ホタル/カゲロウ/ハンミョウモドキ/コオロギ/
コバチ/シラミ/トコジラミ/ノミバッタ/ハナダカバチ/ツノトンボの幼虫/
フトタマムシ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「驚異の標本箱 ‐昆虫‐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幼い頃一日中野山を駆け巡り、家に帰れば昆虫図鑑をボロボロになるまで読み込んだり書き写したりの日々も、いつの間にやら自然とは掛け離れた生活を送るようになってしまった私ではありますが、「深度合成」という技 幼い頃一日中野山を駆け巡り、家に帰れば昆虫図鑑をボロボロになるまで読み込んだり書き写したりの日々も、いつの間にやら自然とは掛け離れた生活を送るようになってしまった私ではありますが、「深度合成」という技術を駆使した昆虫写真集を10年程前から目にする様になり、採集までには至らずともムシを愛でる心に再び火が付きました。 近年は年に複数冊の本を執筆している丸山宗利さん、工業デザイナーでもある吉田攻一郎さん、'99年生まれの若き天才法師人響さん、三者三様の個性にも注目の、それはそれは素晴しい写真集なのであります。 …続きを読む
    Odd-i Ⅱ
    2020年11月15日
    26人がナイス!しています
  • 「ツノゼミ ありえない虫」「きらめく甲虫」で驚きの昆虫写真を見せてくれた丸山宗利さんが、今回写真集を出したと知り、図書館から借りてきました。丸山さんによる各昆虫の解説も楽しめますが、本書のウリは昆虫写 「ツノゼミ ありえない虫」「きらめく甲虫」で驚きの昆虫写真を見せてくれた丸山宗利さんが、今回写真集を出したと知り、図書館から借りてきました。丸山さんによる各昆虫の解説も楽しめますが、本書のウリは昆虫写真そのものにあります。A4版の大型本で、様々な昆虫の写真が載っていますが、読む\体験型アトラクション\といってよいほど、驚きの世界が眼前に現われたように感じました。巻末のプラチナコガネの撮り比べ写真をみても、遊び心にあふれた三人の著者による気合のこもった一冊であることは間違いありません。 #ニコカド2020 …続きを読む
    テイネハイランド
    2020年12月05日
    14人がナイス!しています
  • 安心の丸山さん、他2人の共著による昆虫写真集。深度合成撮影を駆使しつつ生き物の生々しい美しさを映し撮ろうがコンセプト。いつからか昆虫写真が飛躍的にきれいになったと思ってたけどこんな撮影技術があったとは 安心の丸山さん、他2人の共著による昆虫写真集。深度合成撮影を駆使しつつ生き物の生々しい美しさを映し撮ろうがコンセプト。いつからか昆虫写真が飛躍的にきれいになったと思ってたけどこんな撮影技術があったとは知りませんでした。平面的で無機質になりがちのこの手の写真も3人の撮影者の創意工夫により、美しくも生の鼓動を感じるものになっています。解説文は簡潔ながらも充実していて勉強になる事多々。プラチナコガネの撮り比べでは三者三様の絵作りの違いに感心。あとがきにも3人のちょっとしたドラマがあって隅々までワクワクでした。 …続きを読む
    つちっち
    2021年02月07日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品