試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041092767

満月と近鉄

  • 著者 前野 ひろみち
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041092767

生駒山の麓で私は四つの小説を書き、そのうえ恋に落ちたのである。

小説家を志して実家を飛び出し、生駒山麓のアパートに籠もっていた「私」は寺の参道で謎めいた女性に出会う。その女性は万巻の書物に囲まれて暮らしていたが、厳しい読み手でもあった。私は彼女に認められたい一心で小説を書き続けるが……(表題作)。斑鳩の里に現れたひとりの青年、ベトナム戦争からの帰還兵ランボーは、己を戦場へ押しやった蘇我氏への復讐を胸に秘めていた(「ランボー怒りの改新」)。奈良を舞台に繰り広げられるロマンと奇想に満ちた4篇。本書を発表したのち沈黙を続ける鬼才の唯一の著作。仁木英之による解説、森見登美彦との対談を収録。(『ランボー怒りの改新』改題)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「満月と近鉄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆もう、1話目、『佐伯さんと男子たち1993』のっけから、私が奈良に一人旅に行った2年後のマクドから話が始まってる。その東向商店街のマクド私も行ったよ。主人公達高校生の放課後の雑談。鹿さんもも ★★★★☆もう、1話目、『佐伯さんと男子たち1993』のっけから、私が奈良に一人旅に行った2年後のマクドから話が始まってる。その東向商店街のマクド私も行ったよ。主人公達高校生の放課後の雑談。鹿さんももれなく登場。2話目は「ランボー」×「大化の改新」異色のコラボ面白い。3話目は「奈良漬」×「千一夜物語」4話目は浪人した「私」の青春物語表題の『満月と近鉄』新しい奈良の書き手が‼と思いきやこのあと書かれていない。奈良ファンとしてはお待ちしてます。森見氏との対談つき。余談ですが、近鉄特急は昔おしぼりが出たような。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2020年09月06日
    105人がナイス!しています
  • モリミーがブログで紹介されてた上に、この面白そうなタイトルと来れば「購入」以外の選択肢はない。表紙にも描かれてる近鉄電車は我々三重県民の大動脈なのだ。読んだ皆さんも好評価続出ですが、僕には少し肩透かし モリミーがブログで紹介されてた上に、この面白そうなタイトルと来れば「購入」以外の選択肢はない。表紙にも描かれてる近鉄電車は我々三重県民の大動脈なのだ。読んだ皆さんも好評価続出ですが、僕には少し肩透かし。最初の『佐伯さんと男子たち1993』とラストの『満月と近鉄』は好みなんですよ。モリミーっぽいし佐伯さんのキャラに惹かれるものがあります。でも『ランボー怒りの改新』と『アラビアンナイト 奈良漬け商人と鬼との物語』が単なる好みの問題か?全然ツボらない。面白そうな要素はふんだんにあるんで、もう一作お願いします。 …続きを読む
    たいぱぱ
    2020年07月27日
    77人がナイス!しています
  • お初の作家さん。奈良と近鉄が舞台の作品という事でタイトル買い。文庫化に際しては奈良出身の「京都作家」森見さんとの対談もある。確かに冒頭の「佐伯さんと男子たち1993」や表題作の「満月と近鉄」はテイスト お初の作家さん。奈良と近鉄が舞台の作品という事でタイトル買い。文庫化に際しては奈良出身の「京都作家」森見さんとの対談もある。確かに冒頭の「佐伯さんと男子たち1993」や表題作の「満月と近鉄」はテイストが似ているよね。或いは万城目さんのような荒唐無稽なファンタジーもあり。文庫化に際して改題したとのことだが、前のタイトルならばおそらく手に取る事はなかったなぁ。タイトルって大事だね。★★★ コミュニティ「全国おすすめのご当地小説」 https://bookmeter.com/communities/338179 …続きを読む
    サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)
    2020年12月23日
    71人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品