試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041092699

この本を盗む者は

  • 著者 深緑 野分
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041092699

森見登美彦さん推薦。本の魔力と魅力を詰め込んだ、空想の宝箱!

「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」
書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れていた深冬は残されたメッセージを目にする。
“この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる”
本の呪いが発動し、街は侵食されるように物語の世界に姿を変えていく。泥棒を捕まえない限り世界が元に戻らないと知った深冬は、探偵が銃を手に陰謀に挑む話や、銀色の巨大な獣を巡る話など、様々な本の世界を冒険していく。やがて彼女自身にも変化が訪れて――。

【推薦文続々!】
呪われて、読む。そして書く――私たちは!
――作家 森見登美彦さん

盗まれる本たちの魅力的なこと!
私もブックカースの世界に迷い込んでしまったような錯覚にくらくらした。
――作家 宮下奈都さん

想像力に底があり、その底が抜けることがあるということを、久々に実感した。すごい本が出てしまったものだ!
――翻訳家 金原瑞人さん

『この本を盗む者は』は、わずか2頁で私の心を盗んでしまった。時間にして5分足らずの早業だ。
――明林堂書店南佐賀店 本間 悠さん (文芸WEB マガジン「カドブン」より)



※電子書籍版には特典として、カバーイラストコンペ応募作品のイラストギャラリーを収録しています。

もくじ

第一話 魔術的現実主義の旗に追われる
第二話 固ゆで玉子に閉じ込められる
第三話 幻想と蒸気の靄に包まれる
第四話 寂しい街に取り残される
第五話 真実を知る羽目になる

深緑さんの直筆POPも公開!


メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

物語に飲み込まれていく街を救うため 少女たちは本の世界を冒険する/深緑野分『この本を盗む者は』PV



ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!
物語に飲み込まれていく町を救うため、本の世界を冒険することになった読書嫌いの少女・深冬。

ルール① 「御倉館」から本が盗まれると「本の呪い(ブックカース)」が発動
ルール② 町も人も物語の世界に変化
ルール③ 本泥棒を捕まえなければ大変なことに!


『この本を盗む者は』(深緑野分 著)PV
イラスト:宮崎ひかり

「この本を盗む者は」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本を巡る不思議な世界を描いた活劇エンタメ。膨大な蔵書を誇る御倉家から本を盗んだ者にはある大変なことが起こるという。その御倉家の娘なのに本が嫌いな女子高生・深冬がある事に巻き込まれてしまって…。メインは 本を巡る不思議な世界を描いた活劇エンタメ。膨大な蔵書を誇る御倉家から本を盗んだ者にはある大変なことが起こるという。その御倉家の娘なのに本が嫌いな女子高生・深冬がある事に巻き込まれてしまって…。メインは少女冒険ファンタジーな世界だが、作中には色んな物語が入り混じっていてハードボイルドからスチームパンクと変幻自在。これは本好きの作者の趣味がいっぱい詰まってるのだっていう感じ。こういうノリは好み。終盤はちょっとあららだったが、読後はあの物語の迷路を彷徨ったような冒険が恋しくなった。そして新たに本を読みたくなる。 …続きを読む
    buchipanda3
    2020年10月14日
    126人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ ブック・カース=本にかけられた呪いの護符。本の収集家の建てた書庫、御倉館。「本が無くなった!」収集家の妻は策を練る。そして、その孫娘は本が嫌い。高校生になった孫娘は成り行きで物語の中に入り ★★★☆☆ ブック・カース=本にかけられた呪いの護符。本の収集家の建てた書庫、御倉館。「本が無くなった!」収集家の妻は策を練る。そして、その孫娘は本が嫌い。高校生になった孫娘は成り行きで物語の中に入り込むが…。本の中の物語はファンタジーの世界かつ不思議な世界。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2020年10月29日
    113人がナイス!しています
  • 本をテーマにしたファンタジーだった。このジャンルは、過去にカルロス・ルイス・サフォンの「風の影」があったが、もちろん内容も全く違い、本作の出来はそれには及ばないものの、本書の作品世界も不思議なものを含 本をテーマにしたファンタジーだった。このジャンルは、過去にカルロス・ルイス・サフォンの「風の影」があったが、もちろん内容も全く違い、本作の出来はそれには及ばないものの、本書の作品世界も不思議なものを含んでいて、楽しいものだった。書物の蒐集家を曾祖父に持ち、父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、その娘、高校生の主人公、深冬だが、本人は本が好きではない。そんな深冬が御倉館から蔵書が盗まれる事件を機に様々な世界巻き込まれていく。ストーリーとして分かり難い部分もあったが、本好きの世界に浸れる特異な一冊。 …続きを読む
    のぶ
    2020年11月18日
    98人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

本好きなら一度は夢みた事のある「本の世界に自分も入ってみたい」を叶えてくれた一冊でした。 読み進めていると深冬と一緒に冒険している感覚になりました。読み終わったら本の世界から現実の世界に戻らなくてはいけないのが嫌で読み終わりたくない……。
(山﨑里奈さん 30代)

物語の入れ子構造がおもしろい。毎回、深冬と真白と一緒にユニークな物語の中を旅したようになって、楽しかった。本を好きになった全ての人に読んで欲しい一冊。
(水ようかんさん 10代)

まるで、現代版『ネバーエンディングストーリー』を読んでいるような感じ! 本読みだったら、一度は憧れる「本の世界に入る事」を深冬と真白と一緒に体験しているよう。 気が付けば一気読みでした!
(たーちゃん 50代)

最近チェックした商品