試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041092477

アルプスの少女ハイジ

  • 著 ヨハンナ・シュピリ
  • 訳 松永 美穂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041092477

美しい自然、ハイジがくれた永遠の愛と感動の物語を、読みやすい完訳版で。

 両親を失いながらも、太陽のように明るく人々の心を照らす少女ハイジ。アルプスの山小屋で孤独に暮らすおじいさんとの絆、ヤギ飼いのペーターやその家族とのふれあい、足の不自由な少女クララとの出会いと友情――。雄大な自然を背景に、深い喪失感を抱く人々が、ひとりの少女によって人間性を回復し再生していく、愛と感動の物語。
 1880~81年に発表された『ハイジ』は、当初から大評判となり、いまも世界中で翻訳・劇化・映像化されている。日本でもアニメが大ヒットし、児童文学として多くの絵本や抄訳が出版されているが、原作は、家族の絆や地域社会との共生、エコロジーな暮らしへの回帰など現代的なテーマにあふれ、大人にこそ考えさせられることが多い本格的な文学作品である。
 本書は、シュリンク『朗読者』の翻訳で数々の賞を受賞した、ドイツ文学者・松永美穂氏による渾身の完訳。



もくじ

◆第1部 ハイジの修業と遍歴の時代
アルムのおじいさん/おじいさんのところで/牧場で/おばあさんのところで/二人のお客さんと、それに続く事件/まったく別の生活と、たくさんの新しいこと/ロッテンマイヤーさんの落ち着かない日々/ご主人が帰ってきて耳にした、前代未聞のことがら/おばあさま/ハイジの喜びと悲しみ/ゼーゼマン家の幽霊/アルムへ帰る旅/日曜日、教会の鐘が鳴るとき
◆第2部 ハイジは習ったことを役立てられる
旅行の準備/アルムへのお客さま/恩返し/デルフリ村の冬/まだまだ冬は続く/遠くのお友達が動き出す/アルムでのそれからの日々/誰も予想しなかったこと/お別れしても、また会える
 
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「アルプスの少女ハイジ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • Eテレ「100分de名著」を視聴して講師だった松永美穂さんの翻訳で本作が読みたい!と思っていた。原題「ハイジの修業と遍歴の時代」はスピリが愛読していたゲーテの「ウィルヘルム・マイスターの修業時代」にち Eテレ「100分de名著」を視聴して講師だった松永美穂さんの翻訳で本作が読みたい!と思っていた。原題「ハイジの修業と遍歴の時代」はスピリが愛読していたゲーテの「ウィルヘルム・マイスターの修業時代」にちなんだもの、おじいさんは傭兵として外国の戦争に参加していたことなどを番組で知りました。人並外れて聡明なハイジが周りの人々を幸せにしていく物語は、何度読んでも楽しいし忘れていた優しさを思い出させてくれる。憧れの干し草のベッド、搾りたてのヤギのミルクとチーズはやはり美味しそうだった。 …続きを読む
    はくもくれん
    2021年02月19日
    22人がナイス!しています
  • 令和 3年 1月25日。。。初版。。。恐らく現役で一生懸命見ていたと思うが、こないに宗教色の強いものとは思ってもみなかった。なぜ字を習うことが必要か、信仰が必要か信仰の末にどのようなことが起こるかなど 令和 3年 1月25日。。。初版。。。恐らく現役で一生懸命見ていたと思うが、こないに宗教色の強いものとは思ってもみなかった。なぜ字を習うことが必要か、信仰が必要か信仰の末にどのようなことが起こるかなど、新教の入門書ではなかろうかと思わせる。。。ちなみにクララが倒れこむところもなかったし、ヨーゼフもいなかった。。。「天におられる神様の前では、私たちはみじめなものですよ」 …続きを読む
    エヌ氏の部屋でノックの音が・・・
    2021年07月04日
    15人がナイス!しています
  • 抄訳も未読でアニメも未視聴で、どのエピソードが削られているのかや違いも解らずですが、何よりも心打たれたのは、ゼーゼマンさんと、クラッセン先生との友情。なかなか、このような提案は出来るものではありません 抄訳も未読でアニメも未視聴で、どのエピソードが削られているのかや違いも解らずですが、何よりも心打たれたのは、ゼーゼマンさんと、クラッセン先生との友情。なかなか、このような提案は出来るものではありません(T_T)温かく強い信念をお持ちのかたなのでしょう。それは娘、クララにもしっかりと受け継がれ、おばあさまの信仰心はハイジへ、そしてアルムのおじいさんへと優しい心の旅が連鎖する。一日の終わりに毎日少しずつ読んでいるうち、センス・オブ・ワンダーを体現しているかのようなハイジに、身も心も清めらるような気持ちでした。 …続きを読む
    miaou_u
    2021年01月31日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品