日本人のための第一次世界大戦史

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784044005795

日本人のための第一次世界大戦史

  • 著者 板谷 敏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784044005795

誰もが「決して起きない」と予想した戦争は、なぜ勃発したのか?

日本人はこの戦争の重要性を知らなさすぎる――。欧米では”The Great War” と称される第一次世界大戦。その実態を紐解くと、覇権国と新興国の鍔迫り合い、急速な技術革新とグローバリゼーションの進展など
、WW1開戦前夜と現代との共通点が驚くほどに見えてくる。旧来の研究の枠を超え、政治・経済・軍事・金融・メディア・テクノロジーなど幅広い観点から、戦争の背景・内実・影響を読み解く、日本人のための入門書。

もくじ

まえがき
第1章 戦争技術の発達
第2章 国民国家意識の醸成
第3章 兵器産業の国際化と戦艦
第4章 世界から見た日露戦争
第5章 20世紀の新しい産業
第6章 第一次世界大戦勃発
第7章 日本参戦
第8章 戦線膠着
第9章 戦争の経済
第10章 消耗戦の中で
第11章 新兵器の誕生
第12章 終戦へ
第13章 戦後に残されたもの
あとがき
文庫版あとがき
注釈
年表・人的損失

メディアミックス情報

NEWS

「日本人のための第一次世界大戦史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本人にとって第二次世界大戦と比較して第一次世界大戦の印象は希薄で当事者意識はあまり感じられない。と云うのも大戦はあくまでも欧州における覇権国と新興国の争いであったからだ。日本は、欧州間が戦争に気を取 日本人にとって第二次世界大戦と比較して第一次世界大戦の印象は希薄で当事者意識はあまり感じられない。と云うのも大戦はあくまでも欧州における覇権国と新興国の争いであったからだ。日本は、欧州間が戦争に気を取られている隙にドイツが所有する中国領土を得ようと日英同盟を利用して宣戦布告し参戦した。本書を読むと大戦開戦当時の急速なグローバリゼーションの進展やナショナリズムの様子が伝わり現代との驚くほど似ている環境が見えて来る。特に台頭する中国がアメリカと覇権を争う構図が。歴史は繰り返されそこから我々は学ぶ事が出来る。 …続きを読む
    テディ
    2021年02月02日
    55人がナイス!しています
  • ★★★ ★★★
    Mi
    2020年12月07日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品