角川俳句ライブラリー 十七音の可能性

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月11日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
184
ISBN:
9784044005740

角川俳句ライブラリー 十七音の可能性

  • 著者 岸本 尚毅
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月11日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
184
ISBN:
9784044005740

五・七・五――たった十七音の俳句がもつ、無限の文学的可能性。

十七音に季語ひとつ。いわば最短の詩歌である俳句は、なぜこれほど日本人に詠まれ、親しまれてきたのか。古典から近現代の俳人たちの名句を取り上げながら、俳句表現の可能性と多彩な魅力に迫る。新しい俳句入門!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「角川俳句ライブラリー 十七音の可能性」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 様々な作品を通した俳句史。とても分かりやすくて良い。名句と言われる句のどこが素晴らしいのか、どう鑑賞すればいいのかを一言ずつ丁寧に説明している。俳句は、発句からはじまり「たえず「自分探し」をして来た詩 様々な作品を通した俳句史。とても分かりやすくて良い。名句と言われる句のどこが素晴らしいのか、どう鑑賞すればいいのかを一言ずつ丁寧に説明している。俳句は、発句からはじまり「たえず「自分探し」をして来た詩型」。花鳥風詠、新興俳句、人間探求派、自由律俳句、震災詠、無季俳句。 …続きを読む
    せっか
    2021年07月09日
    2人がナイス!しています
  • たったの17音の中に、如何に想いが込められているか。その想いを受け止める感性を如何に育むか。俳句は奥が深く、底知れないとあらためて感じた。 たったの17音の中に、如何に想いが込められているか。その想いを受け止める感性を如何に育むか。俳句は奥が深く、底知れないとあらためて感じた。
    とむ
    2021年02月27日
    1人がナイス!しています
  • たつのすけ
    2021年09月17日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品