几帳面だと思っていたら心の病気になっていました

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月17日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784040643359

几帳面だと思っていたら心の病気になっていました

  • 著者 菊晴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月17日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784040643359

鍵かけた? 火消した? 日々の不安を私はこう乗り越えました。

もともと完璧主義で几帳面。でもそんな性格を自分では苦にするでもなく、ときどき友達と遊んで漫画やアニメを楽しむ、そんなごく平凡で普通の幸せな日々。
しかしある日、ささいなきっかけで不安の渦にのみこまれることに……。
「鍵かけた?」「火消した?」など様々なことが気になって仕方がない。
不安に押しつぶされて、引きこもりになってしまった著者に告げられたのは「強迫性障害」という病名だった。
ブログで共感の声続々! 心のとらわれ解消コミックエッセイ。

もくじ

プロローグ  

第1章 始まりは些細な事から  

第2章 家族に迷惑がかかるかも  

第3章 汚れが気になって仕方がない  

第4章  家事をするのも一苦労  

第5章 強迫性障害と診断されました  

第6章 不安はあってもいいのだ  

最終章 強迫性障害と戦ってみて 


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品