新米編集者・春原美琴はくじけない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049129595

新米編集者・春原美琴はくじけない

  • 著者 和泉 弐式
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049129595

「この本は絶対に売れるのかい?」――そんなこと、わかるわけない。

「どうして小説の編集部に配属されなきゃいけないの?」
 小説嫌いの春原美琴は、突然の異動に頭を抱えていた。
「文芸編集者ってのはな、小説を食って生きるやつのことを言うんだよ」と語る無愛想な先輩の指導のもと、彼女は一筋縄ではいかない作家達と悪戦苦闘の日々を送ることに。
 そして「この本は絶対に売れるのかい?」と睨むような目で訊いてくるのは、誰もが恐れる厳格な文芸局長――。
 これは、慣れない仕事に悩みながらも挫けず、成長していく美琴の姿を描く物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新米編集者・春原美琴はくじけない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小説家の父が嫌いで、小説も嫌いになっていた主人公が文芸部に所属することになり、そこでエリートな先輩や同僚に支えられて変わっていく。様々な小説家と関わっていき、喜びも苦味も全て糧にして前に進んでいく主人 小説家の父が嫌いで、小説も嫌いになっていた主人公が文芸部に所属することになり、そこでエリートな先輩や同僚に支えられて変わっていく。様々な小説家と関わっていき、喜びも苦味も全て糧にして前に進んでいく主人公に惹かれます。小説家との付き合い方や小説との向き合い方に誠実さがあって良かったです。 …続きを読む
    ツバサ
    2020年08月25日
    13人がナイス!しています
  • 正直言うとあらすじ読んだ時点でそうじゃないかと思ってたが実際読んでみて予想通り、いや予想以上に重さと熱さを感じさせるお仕事小説だったな 正直言うとあらすじ読んだ時点でそうじゃないかと思ってたが実際読んでみて予想通り、いや予想以上に重さと熱さを感じさせるお仕事小説だったな
    栗山いなり
    2020年09月13日
    6人がナイス!しています
  • まあまあ。基本的には面白かったと思うのだけど小さくまとまり過ぎな印象。小説家だった父親への反発から大の小説嫌いだったわりには編集者という仕事になじむのも終盤のそんな父との関係の清算についてもあっさりだ まあまあ。基本的には面白かったと思うのだけど小さくまとまり過ぎな印象。小説家だった父親への反発から大の小説嫌いだったわりには編集者という仕事になじむのも終盤のそんな父との関係の清算についてもあっさりだし、編集者のお仕事ものとして深く掘り下げられているというほどでもないし、担当の作家との間に発生したトラブルもわりとさっくりなんとかなってしまうし、先輩編集者との間のフラグもそれほど進展しないし。サクサクと気軽に読めるのはいいけど深く刺さるものが無かった。 …続きを読む
    alleine05
    2020年09月03日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品