ロンメル将軍 副官が見た「砂漠の狐」

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
384
ISBN:
9784040823478

ロンメル将軍 副官が見た「砂漠の狐」

  • 著者 ハインツ・ヴェルナー・シュミット
  • 訳者 清水 政二
  • 監訳・解説 大木 毅
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
384
ISBN:
9784040823478

第二次世界大戦で最も有名な将軍、ロンメルの激戦を描いた名著、復刊!!

「『砂漠のキツネ』の指揮・統帥 その実態が活写される!」大木毅氏
ロンメル軍団の激戦を描いた名著、復刊!!

北アフリカ戦役。そこは、天国と地獄が同居する場所だった!
「名将」として今も名高いロンメルの副官で、のちに重火器中隊長に転出し、相次ぐ激戦で指揮を執った男が、間近で見続けたロンメルの姿を描く。
勝利と敗北が二転三転する戦場で、ロンメルはいかに行動し、采配をふっていたのか?
1950年に南アフリカで刊行された『ロンメル将軍』(原題は "With Rommel in the Desert" 『ロンメルとともに砂漠で』)はベストセラーになり、
翌年にはイギリスの出版社からも新版が出されて、英語圏に広まった。
また、南アフリカ版刊行と同じ年には、ドイツ語版も出版されている。
そして、1971年には、角川文庫から邦訳版が刊行されたのである。
この書は、ロンメルのイメージに大きな影響も与えることになったのだ!

『「砂漠の狐」ロンメル』『独ソ戦』の著者・大木毅氏による監訳者解説も収録。

「さあ、再びわれらの仲間を、想い出のうちに、砂漠の暁や陽光を受けて白く色褪せた軍帽のもとに団結せしめよ。とっくの昔に言われていなければならなかったことを唱えようではないか。
「戦友よ、お前はアフリカでの責務をよく果たしたぞ!」」
(「序文」――1941年にドイツ・アフリカ軍団麾下第二一装甲師団長を務めたH・フォン・ラーフェンシュタイン退役中将による、より)

※本書は、1971年に小社より刊行された作品を復刊し、新たに解説を加えたものです。
底本には1976年の8刷を使用しました。

もくじ

序文

一 ロンメルの幕僚となる
二 トリポリの「ブラフ」
三 オアシスの冒険
四 将軍の「シュトルヒ」機で砂嵐の中を
五 トブルクの門戸にて
六 将軍ラクダに乗る
七 ピラストリーノの攻撃
八 ハリケーン機、ロンメルを襲う
九 スターリングラードのパウルス――私のエリトリアでの物語
十 国境の「戦斧」
十一 将軍の書簡
十二 前線の一日
十三 「装甲集団」誕生
十四 ロンメルとヒトラーの関係
十五 ロンメルのカモシカ猟
十六 ロンメルの襲撃。「無人の地」に立ち往生
十七 キーズ、ロンメルを襲って失敗する
十八 「十字軍戦士」
十九 シジ・レゼグの進撃
二十 砂漠の混乱
二十一 後衛
二十二 エル・アゲイラへ帰る
二十三 ロンメル、またも攻撃に出る
二十四 トブルク計画
二十五 わが大隊の敗北
二十六 一進一退
二十七 トブルクの門戸にて
二十八 トブルク攻略
二十九 検屍。なぜトブルクは陥落したか
三十 休暇
三十一 エル・アラメインの新参者
三十二 ロンメル、最後の試み
三十三 エル・アラメインの敗退
三十四 退却
三十五 高い砲塔のシャーマン
三十六 トリポリタニアを失う
三十七 初めてアメリカ軍と戦う
三十八 カセリーヌ峠
三十九 橋とブルクッリンから来た男
四十 霧の中のアメリカ部隊
四十一 さらば「砂漠の狐」よ
四十二 地獄のマレト戦線
四十三 アメリカ軍と対峙して
四十四 最後の戦闘
四十五 栗林での含み笑い

訳者あとがき
監訳者解説――五十センチの距離からロンメルを見ていた男

メディアミックス情報

NEWS

「ロンメル将軍 副官が見た「砂漠の狐」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 伝令将校として、身近で接した著者が描くロンメルの素顔という触れ込みの本書ではあるが、著者は割りと早めに自ら希望して現場指揮官に転出している関係で、身近に居た期間も短く、本書での描写の分量も思いの外少な 伝令将校として、身近で接した著者が描くロンメルの素顔という触れ込みの本書ではあるが、著者は割りと早めに自ら希望して現場指揮官に転出している関係で、身近に居た期間も短く、本書での描写の分量も思いの外少ない。(2/3は現場指揮官としての体験記) が、ロンメルその人よりも、周囲の人々、スタッフや部下の上級指揮官達の描写はなかなか面白く、特に視察に来たパウルス将軍とのやり取りは興味深く読んだ。 また、現場指揮官として戦場の過酷さなど、冷静に描いている様に感じ、その点でも貴重な一冊。(続きあり) …続きを読む
    蜻蛉切
    2020年10月21日
    30人がナイス!しています
  • タイトルに異議あり。嘘ではないが、ロンメルの副官を務めた時期は短く、大半は著者(中尉)のアフリカ戦記になっている。内容は問題なし。ロンメルの肉声は貴重だし、中隊長から見たアフリカ戦線も悪くない。 タイトルに異議あり。嘘ではないが、ロンメルの副官を務めた時期は短く、大半は著者(中尉)のアフリカ戦記になっている。内容は問題なし。ロンメルの肉声は貴重だし、中隊長から見たアフリカ戦線も悪くない。
    ジュンジュン
    2020年12月16日
    7人がナイス!しています
  • ロンメル将軍の近くで北アフリカ戦線を戦った若い軍人の手記。敵国からも英雄視されていたロンメルの実像が描かれている。時には自らハンドルを握り、戦場を縦横無尽に駆け回る様子などが描写されている。個人的には ロンメル将軍の近くで北アフリカ戦線を戦った若い軍人の手記。敵国からも英雄視されていたロンメルの実像が描かれている。時には自らハンドルを握り、戦場を縦横無尽に駆け回る様子などが描写されている。個人的には、この手記は北アフリカを西から東へと進む冒険小説としても楽しむことができた。しかも、その登場人物は、ロンメル、パウルス、バイエルライン、ガリバルディなどである!やはり気になるのは、ロンメル指揮下の師団長などが戦死したり捕虜になることが多すぎる点である。無理な作戦が多すぎたのではないだろうか? …続きを読む
    Yasuhisa Ogura
    2020年12月15日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品