試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月12日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041089125

甘夏とオリオン

  • 著者 増山 実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月12日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041089125

人はいつだって、誰かを待っているんやね。

大阪の下町、玉出の銭湯に居候する駆け出しの落語家・甘夏。彼女の師匠はある日、一切の連絡を絶って失踪した。師匠不在の中、一門を守り、師匠を待つことを決めた甘夏と二人の兄弟子。一門のゴシップを楽しむ野次馬、女性落語家への偏見――。苦境を打開するため、甘夏は自身が住んでいる銭湯で、深夜に「師匠、死んじゃったかもしれない寄席」を行うことを思いつく。寄席にはそれぞれに事情を抱える人々が集まってきて――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「甘夏とオリオン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とにかく軽妙な大阪弁の掛け合いが心地いい人情味溢れる上方落語物語。舞台は現代の大阪、今でもまだ珍しい女性の噺家として歩み出した甘夏の泣き笑い人生修行ぶりを楽しめた。ネタ噺も満載なのがいい。話は冒頭から とにかく軽妙な大阪弁の掛け合いが心地いい人情味溢れる上方落語物語。舞台は現代の大阪、今でもまだ珍しい女性の噺家として歩み出した甘夏の泣き笑い人生修行ぶりを楽しめた。ネタ噺も満載なのがいい。話は冒頭から大変な事態。そこは落語家たち、ひねりの効いた事を始めるが…。女の落語家では笑えない、今でもそんなことをと思ったが、ネタの変遷から来る背景を知り女性の噺家の大変さを理解した。師匠たちのいい落語とはの一家言はどれも納得。いい落語は聴いた人の心のすき間を埋めてくれる。落語ってやっぱいい、読み終えて改めてそう思った。 …続きを読む
    buchipanda3
    2019年12月21日
    96人がナイス!しています
  • 落語が聞きたくなりました。子供の頃から、自分自身の思いを出せ無い甘夏ちゃんが、夏之助師匠の落語を聞いたことから、その世界に入り込み、弟子入りするが、女の落語家の難しさを知り、更に修行してゆく。ところが 落語が聞きたくなりました。子供の頃から、自分自身の思いを出せ無い甘夏ちゃんが、夏之助師匠の落語を聞いたことから、その世界に入り込み、弟子入りするが、女の落語家の難しさを知り、更に修行してゆく。ところが、序盤で、夏之助師匠が失踪してしまう。・・・一番弟子の小夏兄さん、二番弟子の若夏兄さんと、三番弟子の甘夏で、三夏の会と名付け、銭湯で、「師匠が死んじゃったかもしれない会」という深夜落語を始める・・・楽しめた!次作も期待! …続きを読む
    わっしぃ
    2020年01月22日
    71人がナイス!しています
  • 上方に桂二葉さんという若手の女流噺家さんがいます。増山さんがこの小説を書くにあたって、二葉さんも協力されたと聞いています。そんな先入観があり、二葉さんをイメージして読みましたが、これが見事なくらいぴっ 上方に桂二葉さんという若手の女流噺家さんがいます。増山さんがこの小説を書くにあたって、二葉さんも協力されたと聞いています。そんな先入観があり、二葉さんをイメージして読みましたが、これが見事なくらいぴったりです。二葉さんの落語を聴いてから読んでも面白いかもしれません。物語は、主人公の甘夏さんが、噺家として成長していく姿が爽やかに描かれています。「頑張れ!」と心の中で応援しながら堪能しました。読み終えると無性に落語を聴きに行きたくなります。 …続きを読む
    fwhd8325
    2020年01月11日
    58人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品