甘夏とオリオン

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月12日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041089125

甘夏とオリオン

  • 著者 増山 実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月12日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041089125

人はいつだって、誰かを待っているんやね。

大阪の下町、玉出の銭湯に居候する駆け出しの落語家・甘夏。彼女の師匠はある日、一切の連絡を絶って失踪した。師匠不在の中、一門を守り、師匠を待つことを決めた甘夏と二人の兄弟子。一門のゴシップを楽しむ野次馬、女性落語家への偏見――。苦境を打開するため、甘夏は自身が住んでいる銭湯で、深夜に「師匠、死んじゃったかもしれない寄席」を行うことを思いつく。寄席にはそれぞれに事情を抱える人々が集まってきて――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「甘夏とオリオン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 子供の頃、自分にだけはやたらと厳しかった父親のせいで、人とのコミュニケーションがうまく取れなくなった恵美。心の中ではずっと、他の子たちのようにバカなことを言って騒ぎたいと思っていた。 大学生になったあ 子供の頃、自分にだけはやたらと厳しかった父親のせいで、人とのコミュニケーションがうまく取れなくなった恵美。心の中ではずっと、他の子たちのようにバカなことを言って騒ぎたいと思っていた。 大学生になったある日、ふとしたきっかけで落語の舞台を観る。そこには自分が憧れていた、バカがバカらしく生き生きとしている世界があった。その世界を作り出した噺家・夏之助に弟子入りして、噺家になると決意する。 甘夏と名付けられた恵美と、師匠、兄弟子、噺家の話なのだけれど、そんなに単純な話ではない。ただ、とにかく良かった。 …続きを読む
    Jun Yamanoue
    2019年11月19日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品