これやこの サンキュータツオ随筆集

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784044005504

これやこの サンキュータツオ随筆集

  • 著者 サンキュータツオ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784044005504

「記憶を語り継ぐことだけが、師匠たちを死なせない唯一の方法だ――」

あなたにも、思い出す人がいるでしょうか――。

学者で漫才師(米粒写経)のサンキュータツオによる、初めての随筆集。著者本人の人生をたどり、幼少時から今までの「別れ」をテーマに綴った傑作選。キュレーションを務める「渋谷らくご」でお世話になった喜多八、左談次の闘病と最期、小学生の頃に亡くなった父との思い出、そして京都アニメーションの事件で生きる気力を失ったサンキュータツオ自身の絶望と再生……。自分の心の奥に深く踏み込み、向き合い、そのときどう感じたのか、今何を思うのかを率直に描き出す。これまで「学問×エンタメ」を書いてきた著者の新境地!

【内容例】
「これやこの」…渋谷らくごを引っ張ってくれた喜多八、左談次二人の師匠
「幕を上げる背中」…米粒写経として駆け出しの頃を支えたライブスタッフ
「黒い店」…上野御徒町の古本屋「上野文庫」の店主と大学生だった自分
「バラバラ」…「早稲田文学」で出会った作家・向井豊昭さん
「時計の針」…大人になった今思い出す、中学校教師の話
「明治の男と大正の女」…祖父母にしかわからない二人の話
「空を見ていた」…仲良しだったいとこが残した一枚の写真
「鈍色の夏」…2019年夏、生きる気力を失った自分を助けてくれたもの ほか

もくじ

これやこの
月曜15時
ツインの老人
黒い店
スエコおばさん
幕を上げる背中
バラバラ
鶴とオルガン
八朔
拝啓ジョディフォスターさま
時計の針
蠅の足音
明治の男と大正の女
みやばやし
空を見ていた
シーチキン球場
鈍色の夏

メディアミックス情報

NEWS

「これやこの サンキュータツオ随筆集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初めてのタツオさん本でした。 Podcastのパーソナリティとして知っていましたが、本書を読むことによって、タツオさんの落語にかける思いや、人となりがほんの少しわかるような気がする良い作品でした。 八 初めてのタツオさん本でした。 Podcastのパーソナリティとして知っていましたが、本書を読むことによって、タツオさんの落語にかける思いや、人となりがほんの少しわかるような気がする良い作品でした。 八朔の香りと浅草キッドに集った面々が印象に残っています。あと渋谷落語にいきたいなー! …続きを読む
    ふぇび
    2020年07月08日
    1人がナイス!しています
  • サンキュータツオさんの随筆集。幼少時代から現在までの「別れ」を綴る17篇(帯から引用)。どのエピソードも人とのつながりや記憶を丁寧に書き記してあり心に響く。自分の体験ではないにもかかわらずなぜかノスタ サンキュータツオさんの随筆集。幼少時代から現在までの「別れ」を綴る17篇(帯から引用)。どのエピソードも人とのつながりや記憶を丁寧に書き記してあり心に響く。自分の体験ではないにもかかわらずなぜかノスタルジックな感情を想起させる。謙虚で上品で力強い文体はラジオなどで見せる著者のイメージと違っているようで、根底では違わない気がする。普段の砕けた立ち居振る舞いは照れ隠しなのかもしれない。そうであるとするならなんて粋なんだろう。装丁が著者のイメージカラーである紫であしらってあるのもファンにはたまらない。 …続きを読む
    knee god
    2020年07月05日
    1人がナイス!しています
  • エピソード毎、最後に息の詰まる思いをさせられる。いや、こんな形で消費してよいものなのかと若干麻痺してしまうほど。映画「横道世之介」思い出す(原作未読)。 エピソード毎、最後に息の詰まる思いをさせられる。いや、こんな形で消費してよいものなのかと若干麻痺してしまうほど。映画「横道世之介」思い出す(原作未読)。
    omemegaro
    2020年07月16日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品