試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月02日
判型:
A4判
商品形態:
単行本
ページ数:
536
ISBN:
9784049110340

AI白書 2020

  • 編 独立行政法人情報処理推進機構 AI白書編集委員会
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月02日
判型:
A4判
商品形態:
単行本
ページ数:
536
ISBN:
9784049110340

広がるAI化格差と5年先を見据えた企業戦略

▼技術から利用動向、制度政策に至るまで、国内と海外の人工知能の最新動向がすべてわかるAI白書の2020年版

DX(デジタルトランスフォーメーション)のための重要な技術であるAIの社会実装が進む一方、そのAI化で格差が広がっています。また、5Gのサービス開始、EU一般データ保護規則、米中間の対立など、AIを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。

第1章では、石角友愛氏(パロアルトインサイトCEO)と中島秀之 AI白書編集委員長(札幌市立大学理事長・学長)の対談、北野宏明 AI白書編集委員(ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長・所長)と片岡 晃 IPA社会基盤センター長の対談を通じて、AIをめぐる日本の課題とビジネス戦略について解説。第2章「技術動向」では、AIに関する技術の概要と最新動向を整理し、第3章「利用動向」では国内外でのAI活用事例を紹介。さらに、AIの社会実装を支える環境として、第4章で「制度政策」、第5章で社会実装に係る課題解決の方向性(AI人材育成及びスタートアップエコシステム)について記載しています。

『AI白書2019』に最新情報を加え、大幅にアップデートしています。AIの基礎的な技術解説から、国内外の多様な導入事例、制度・政策面での取り組み、中国のAI動向データ、企業経営者の意識調査結果まで、AIにまつわる幅広い話題を網羅して収録。AIを実装し、DXを推進するにあたってのひとつの指針として、本書をご活用いただけます。

もくじ

□第1章「2020年のAIとビジネス」 生産性やDXといった日本の課題、AI時代のビジネス戦略をテーマにした対談、など
□第2章「技術動向」 AIを支える技術と最新動向、ディープラーニング、開発基盤、標準化・オープンプラットフォーム・信頼性、各国の研究開発の現状、など
□第3章「利用動向」 日本と世界の分野別の利用動向、AI利用動向アンケート調査、AI導入予算・AI市場規模、中国のAI最新動向、など
□第4章「制度政策動向」 AIに関する原則・ガイドライン、制度改革(モビリティ、データ流通、知的財産)、各国の政策動向、など
□第5章「AI実装を推進するAI人材育成と地域スタートアップエコシステム」 スタートアップエコシステム、AI人材の育成、社会実装の課題と現状、など


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品