本を愛した彼女と、彼女の本の物語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784049126884

本を愛した彼女と、彼女の本の物語

  • 著者 上野 遊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784049126884

「本」が生きる希望になる。 少女と一冊の本の心温まる物語。

 僕は本だ。一冊の文庫本だ。書名は『ホテル・カロン』。文庫本である僕は、なぜか生まれた時から意識があった。僕は悲しい事になかなか売れず、いつか返本されてしまうのではないか――そんな恐怖を抱き始めたある花冷えの日。何の前触れもなく僕は購入され、ある一人の少女・銀河と出会った。生きる希望を見失い、ただ無気力に過ごしていた彼女は、瞬く間に僕に恋をし、僕もまた彼女に恋をした。
 これは文庫本である僕が、ある一人の少女と過ごしたかけがえのない日々の物語だ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「本を愛した彼女と、彼女の本の物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 購入本。最初パラパラっと読んで本が語ってる!と衝動買い。心臓病を患い将来に悲観的になっている15歳の少女が一冊の文庫本と出会い、人生を前向きに歩んでいく。その姿が文庫本の目線で語られている。「それでも 購入本。最初パラパラっと読んで本が語ってる!と衝動買い。心臓病を患い将来に悲観的になっている15歳の少女が一冊の文庫本と出会い、人生を前向きに歩んでいく。その姿が文庫本の目線で語られている。「それでも僕は、久しぶりに開いてもらって幸せだった」…文庫本のつぶやき、何とかしたいのに行動できないもどかしさ…文庫本の気持ちが心に沁みる。あんなに楽しい毎日だったのに、最後は思わず涙してしまった。本にも感情がある。本を、本との出会いを、そして人生を大切にしたいと思った。悲しいけど、読後感爽やかな一冊でした。 …続きを読む
    シナモン
    2019年10月01日
    99人がナイス!しています
  • 本を好きな人なら人なほど初心に帰れる作品。シンプルにいいと思った。こうして想いは手渡されていく。 本を好きな人なら人なほど初心に帰れる作品。シンプルにいいと思った。こうして想いは手渡されていく。
    佐島楓@勉強中
    2019年10月06日
    66人がナイス!しています
  • 何故か生まれたときから意識があった文庫本である僕が生きる希望もなく無気力に過ごす少女・銀河と出会い生きる希望を与え前向きに進んでいく彼女を見守っていく話。こうまで自分の人生に影響を与える本とはまだまだ 何故か生まれたときから意識があった文庫本である僕が生きる希望もなく無気力に過ごす少女・銀河と出会い生きる希望を与え前向きに進んでいく彼女を見守っていく話。こうまで自分の人生に影響を与える本とはまだまだ出会えてないな。自分も一回読んだら満足してしまうタイプだから何とも言えないが。文庫本の呟きがチクチクと突き刺さってくる。出会いがあれば別れも当然あるがその瞬間はあっけなくて呆然としてしまったわ。それでも彼と彼女が残した思いは受け継がれより多くの人に繋がっていくといういい締め方だったな。 …続きを読む
    アウル
    2019年10月01日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品