未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年07月31日
商品形態:
電子書籍

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

  • 著者 とどろん
発売日:
2019年07月31日
商品形態:
電子書籍

努力は報われない。 自分が嫌い。 世の中生きにくい。でも幸せになりたい

YouTube、Twitterで累計23万人が共感。
SNS界に突如現れたとどろんが全編書き下ろした、コンプレックスを抱えながら世界と戦う術。
(累計23万人は2019年6月末時点の数字です)


---

昔から自分の顔が嫌いだった。この顔のせいで常に人生はどん底だった。
「死にたい」と言えば「そんなことで」と言われたけど、私にとっては「そんなこと」が全てだった。
皆がブスだと笑うから、私は人前で笑う事も泣く事も怖くなった。
でも人の目を見られなくなり下を向くと、「ちゃんと前を向きなさい」と怒られた。
「外見をそんなに気にするなんておかしい」「内面がダメだから外見も悪くなる」
私の劣等感の根源である「世間」は常識人のような顔をして、私という人間をどんどんダメにした。
この世の中はとても生きにくかった。
生きる事は強制されるのに、私が普通に生きる事を許してはくれない。

でも私は諦めきれなかった。私だって普通の女の子のように生きてみたい。
好きな洋服を着て、誰の目も声も気にせずに街を歩いて、
大好きな苺のパフェを食べて。それだけでいいのに。
苺のパフェも洋服も自分で買うし、手を繋いでエスコートしてくれる彼氏もいらない。
お姫様はいいなぁと思うけど、自分がなりたいわけじゃない。
魔法にかけられたいわけじゃなくて、王子様に迎えに来てほしいわけでもなくて。
自分の力で頑張るから。
だから自分の好きに生きて、自分の好きな姿で死にたい。
こんな理不尽な世の中なら毒を吐きまくってでも幸せになりたい。
お姫様が呑気に王子様を待っている間に、他の誰でもない、私自身が私を幸せにしたい。
未来を決めるのは私だから、王子様も魔法もいらない。(はじめにより)

---


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

この著者の商品

最近チェックした商品