ロクでなし魔術講師と禁忌教典16

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
358
ISBN:
9784040732732

ロクでなし魔術講師と禁忌教典16

  • 著者 羊太郎
  • イラスト 三嶋 くろね
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
358
ISBN:
9784040732732

魔術師の覚悟と禁忌教典の騒乱。

準決勝へと駒を進めた帝国代表選手団。日輪の国との対決で試されるシスティーナの魔術師としての覚悟。一方、アリシア三世の手記の解読を終えたグレンに待ち受ける禁忌教典の騒乱。ここに、前哨の火花が散る!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典16」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 魔術祭典の準決勝へと駒を進めたアルザーノ帝国代表選手団。日輪の国のメイン・ウィザード、サクヤとの出会いにより、システィーナは魔術師としての在り方を問われ、グレンは禁忌教典の謎に至ろうとする第十六弾。急 魔術祭典の準決勝へと駒を進めたアルザーノ帝国代表選手団。日輪の国のメイン・ウィザード、サクヤとの出会いにより、システィーナは魔術師としての在り方を問われ、グレンは禁忌教典の謎に至ろうとする第十六弾。急激な成長に覚悟が追い付かない白猫の葛藤はとても彼女らしいなと思いましたけど、アリシア三世の手記でグレンが追体験する過去でここまでのいろいろな断片が繋がってきましたね。重要な局面へのジャスティス介入に加えて、魔術祭典決勝でも異変が起きて次巻もまた波乱は必至。キーマンになりそうなグレンや彼女たちの活躍に期待です。 …続きを読む
    よっち
    2020年01月18日
    34人がナイス!しています
  • アリシア3世の時代に何があったのか、グレン・白猫・ルミア・リィエルの4人は、そもそも何者なのか。物語の核心に近づく第16巻。魔術祭典は準決勝が熱い闘いで、白猫の弱点(優しさ)を上手く衝かれた戦術にピン アリシア3世の時代に何があったのか、グレン・白猫・ルミア・リィエルの4人は、そもそも何者なのか。物語の核心に近づく第16巻。魔術祭典は準決勝が熱い闘いで、白猫の弱点(優しさ)を上手く衝かれた戦術にピンチを招く展開。そんな白猫にかけてあげたグレンの言葉に、白猫は魔術師としての覚悟を決め、同時にグレンに対する自分の気持ちを理解する。白猫最強。イグナイトの野望、ジャティスの介入など、世界情勢がカオスとなってしまったラスト、次巻の展開が全く予想できない。 …続きを読む
    むっきゅー
    2020年01月21日
    30人がナイス!しています
  • 魔術祭典準決勝。勝ち上がったシスティたち帝国代表はサクヤ率いる日輪の国代表との対戦で魔術師との覚悟を問われる中、グレンはアリシア三世の手記解読から世界の秘密に辿り着く本巻。初期にメンタル面の弱さが目立 魔術祭典準決勝。勝ち上がったシスティたち帝国代表はサクヤ率いる日輪の国代表との対戦で魔術師との覚悟を問われる中、グレンはアリシア三世の手記解読から世界の秘密に辿り着く本巻。初期にメンタル面の弱さが目立ったシスティがまたも苦しめられる展開は懐かしさとともに、最後にグレンがやってくれたなと安心感がある。手記の件はまだまだ謎は残されているものの、だいぶ見えてきたというところ。何といってもジャスティスが全てを持っていった感じが否めない。彼が導き出した正義の最適解が世界にもたらすものは何なのか。次巻が楽しみ。 …続きを読む
    nishiyan
    2020年01月24日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品