中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041085011

中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流

  • 著者 村瀬 健介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041085011

混迷はなぜ続くのか。テレビ局の中東特派員だった著者が追った衝撃の現実

(目次)
はじめに 第三次世界大戦前夜
第1章 衝撃の駐在初日 ―後藤さん、湯川さん事件
第2章 拡大するテロリズム ―「イスラム国」扇動者との接触
第3章 逃げ惑う人々 ―レスボス島、難民上陸の瞬間
第4章 大国の欺瞞 ―兵器のバルカンルート
第5章 大量破壊兵器はなかった ―一人の嘘になぜ世界は乗ったのか
第6章 ゴーストタウンとなった要塞 ―政府軍に転身した元兵士の熱狂
おわりに フェイクが蔓延する社会でみたもの

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • TBS中東支局長だった著者が行った取材をはじめとした、なぜイスラム国が出来、無くなったのか、その前後の情勢も書かれた作品 我々があまり知らなかったことも含め、描かれている また戦争がビジネスとなり、敵 TBS中東支局長だった著者が行った取材をはじめとした、なぜイスラム国が出来、無くなったのか、その前後の情勢も書かれた作品 我々があまり知らなかったことも含め、描かれている また戦争がビジネスとなり、敵、味方が結果地続きとなって、個人が犠牲なる、なんとも切ない現状もあり 考える作品でした …続きを読む
    Jun Masuno
    2020年06月27日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品