中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041085011

中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流

  • 著者 村瀬 健介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041085011

混迷はなぜ続くのか。テレビ局の中東特派員だった著者が追った衝撃の現実

(目次)
はじめに 第三次世界大戦前夜
第1章 衝撃の駐在初日 ―後藤さん、湯川さん事件
第2章 拡大するテロリズム ―「イスラム国」扇動者との接触
第3章 逃げ惑う人々 ―レスボス島、難民上陸の瞬間
第4章 大国の欺瞞 ―兵器のバルカンルート
第5章 大量破壊兵器はなかった ―一人の嘘になぜ世界は乗ったのか
第6章 ゴーストタウンとなった要塞 ―政府軍に転身した元兵士の熱狂
おわりに フェイクが蔓延する社会でみたもの

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • TBS報道記者の取材記。ゴムボートで押し寄せる難民たち。米軍に委託され、シリア反政府勢力に武器を供与する民間軍事会社。そこで働き事故にあったドハティ氏は、現役軍人ではないので十分な補償が受けられない。 TBS報道記者の取材記。ゴムボートで押し寄せる難民たち。米軍に委託され、シリア反政府勢力に武器を供与する民間軍事会社。そこで働き事故にあったドハティ氏は、現役軍人ではないので十分な補償が受けられない。イラクに大量破壊兵器があると法螺を吹いた亡命者「カーブボール」。それを根拠に対イラク戦争に踏み切ったアメリカ。生物兵器の工場だとされた場所はただの種子精製工場だった。戦争で故郷を追われ親族を喪ったアルドゥレイミ博士は「なぜ、我々イラク人がアメリカの嘘の代償を払わなければいけないのですか」と叫ぶように訴える。 …続きを読む
    buuupuuu
    2021年08月30日
    4人がナイス!しています
  • 中東という、日本人にとっては「遠い話」を、特派員として取材し続けてきた著者が、取材を通じて見えてきたテロリズムの背景にある様々な不正義や理不尽について、自分の言葉で分かりやすく語っている。紋切り型の形 中東という、日本人にとっては「遠い話」を、特派員として取材し続けてきた著者が、取材を通じて見えてきたテロリズムの背景にある様々な不正義や理不尽について、自分の言葉で分かりやすく語っている。紋切り型の形容や単純な善悪二元論を廃し、取材現場で感じた様々な戸惑いや恐怖などについても、出来る限り率直に語ろうとする著者のジャーナリストとしての姿勢は好感が持て、今まで読んだ本の中で、最も中東について自分事に引き寄せて考えるきっかけを与えてくれてた。 …続きを読む
    越部社長
    2021年08月29日
    2人がナイス!しています
  • TBS中東支局長だった著者が行った取材をはじめとした、なぜイスラム国が出来、無くなったのか、その前後の情勢も書かれた作品 我々があまり知らなかったことも含め、描かれている また戦争がビジネスとなり、敵 TBS中東支局長だった著者が行った取材をはじめとした、なぜイスラム国が出来、無くなったのか、その前後の情勢も書かれた作品 我々があまり知らなかったことも含め、描かれている また戦争がビジネスとなり、敵、味方が結果地続きとなって、個人が犠牲なる、なんとも切ない現状もあり 考える作品でした …続きを読む
    Jun Masuno
    2020年06月27日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品