ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784046043597

ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。

  • 著者 フミコフミオ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784046043597

独自のリズム感と文体で中毒者続出!伝説の会社員ブロガー衝撃のデビュー作

笑いあり、涙あり、学びあり、感動ありの新感覚本!

すべての会社員の気持ちを代弁してくれると鬼共感の嵐で超話題!

現代における「生きづらさの正体」に迫る!

「働くのがつらいが会社をやめるわけにもいかず悩んでいる」
「いつも悩みがモヤモヤして不安でしんどい」
「人間関係でへこんでしまい落ち込むことが多い」
「ストレス社会におしつぶされ本来の自分を出せずに他人に振り回されている気がする」
「このままの人生で本当にいいのか、いつも自問自答している」

こんなお悩みをお持ちのあなたにおすすめ!

*********

天才が生きるうえで何を感じ、
考えているのか、
天才による世界の見方を僕は知らない。
だが、その代わりに、普通の人間が
普通に生きているうえで
感じる納得いかないこと、
もどかしさなら
僕はイヤになるほど知っている。
それをやり過ごしてきたという自負もある。

本書は僕がこれまでに直面した
納得のいかないこと
ムカつくこと
釈然としないこと
に対して
どのように負けない戦いをしてきたか、
やり過ごしてきたかを
そのまま真空パックしたものだ。
――本文より


*********

世の中にはたくさんの人がいて、
それぞれが
まったく異なる考え方や思い方をしている。

そしてまったく異なる人たちが、
それぞれわからないまま
お互いを受け入れていくような
世の中が本当の美しい世界だと僕は思う。

正しいとか間違っているとかではなく、
違いを違いのまま認めること。
人の気持ちがわかるとは、
そういうことだと僕は考えている。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ストイックだなあ。面白い。ブログは勿論読んでるんだけど本という形になってより人生や仕事について強く言及してる気がする。そしてその達観した物の見方に強く勇気づけられる。普通の人間だって自称してるけどここ ストイックだなあ。面白い。ブログは勿論読んでるんだけど本という形になってより人生や仕事について強く言及してる気がする。そしてその達観した物の見方に強く勇気づけられる。普通の人間だって自称してるけどここまでの文章をユーモアを交えながら書けるのはやっぱ才能だと思う。好きな話は「チミは人生ナメてんの?」「気持ちがわからないから美しい」「キミは間違ってないよ」。 …続きを読む
    2019年10月06日
    2人がナイス!しています
  • いつもブログで笑わせてもらっているのでお布施。 本も面白かった。確かに俺もハズキルーペほど強くない。 いつもブログで笑わせてもらっているのでお布施。 本も面白かった。確かに俺もハズキルーペほど強くない。
    もさ
    2019年10月08日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品