なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?7 禍の使徒

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784040657998

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?7 禍の使徒

  • 著者 細音 啓
  • イラスト neco
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784040657998

真の世界への「本当の戦い」が始まる――ファンタジー超大作、第7弾!

大始祖の陰謀により四種族が封印され、五種族大戦は人類の勝利という予想もしない形で終戦を迎えた。シドから大始祖の企みを聞いていたカイは、ジャンヌと花琳に戦いの継続を直訴するが、人類の平穏という悲願を達成した彼女たちの反応は薄かった。カイは新たなコードホルダーを手に、一人、リンネの復活と仲間たちの解放を目指し、大始祖への抗戦を決意する。その頃、石化していたために墓所への封印を免れた四英雄の一人アルフレイヤをバルムンクが発見したとの報がもたらされ――世界から忘れられた少年の『世界に拒絶された少女』を救う戦いが始まる!

メディアミックス情報

NEWS

「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?7 禍の使徒」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 五種族大戦は大始祖の陰謀により四種族が封印され、人類の勝利という形で終戦。しかし、石化で墓所への封印を免れた四英雄の一人アルフレイヤをバルムンクが発見したとの報がもたらされ、事態が急転する第七弾。一見 五種族大戦は大始祖の陰謀により四種族が封印され、人類の勝利という形で終戦。しかし、石化で墓所への封印を免れた四英雄の一人アルフレイヤをバルムンクが発見したとの報がもたらされ、事態が急転する第七弾。一見人類に都合のいい結末に危機感を覚えるカイと、反応が薄い周囲とのギャップという状況でしたけど、そうそううまくいく訳もなくて、アルフレイヤたちと協力しながら謎の極楽鳥の存在を追い、大始祖の謎に迫ることで改めてアスラソラカやシドの存在がクローズアップされてきましたね。ここからどういった展開になるのか続巻に期待です。 …続きを読む
    よっち
    2019年10月07日
    32人がナイス!しています
  • 世界輪廻を引き起こした元凶。大始祖の企みを暴き、カイ達は本当の勝利を手にすることができるのだろうか。今回黒幕中の黒幕の存在が明るみに出て、いよいよ最終決戦へ向けて話が動き始めている気がする。アルフレイ 世界輪廻を引き起こした元凶。大始祖の企みを暴き、カイ達は本当の勝利を手にすることができるのだろうか。今回黒幕中の黒幕の存在が明るみに出て、いよいよ最終決戦へ向けて話が動き始めている気がする。アルフレイアの復活があり、極楽鳥との決戦では共闘、倒すことに成功する。封印された四種族を解放して、大始祖を倒す算段をカイ達は立てられるのか。アスラソラカの正体が明らかになった今、今後は二人のシドを含めた乱戦になりそうな予感。果たしてこの戦いの末に生み出されるものは何なのか。カイ達の勝利を望む。次巻に期待。 …続きを読む
    レリナ
    2019年09月24日
    28人がナイス!しています
  • 大始祖により4種族が封印され人間の勝利が確定したものの、この勝利に疑問を感じるカイ。この7巻を通じて大始祖の正体と陰謀の一端が明かされていき、人間の手で別の結論を導き出すために、石化したアルフレイアと 大始祖により4種族が封印され人間の勝利が確定したものの、この勝利に疑問を感じるカイ。この7巻を通じて大始祖の正体と陰謀の一端が明かされていき、人間の手で別の結論を導き出すために、石化したアルフレイアと共闘を試みる。最終巻に近づいているようで、この世界の謎がかなりのテンポで明かされていく。リンネから最後に託された武器・コードホルダーが、かつてシドに託されたものと決定的に異な。そのリンネの想いが、世界の謎を暴く鍵となり、暴神の使徒をも粉砕する熱い展開。盛り上がってきました。 …続きを読む
    むっきゅー
    2019年09月01日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品