試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784041081471

未来の科学者たちへ

  • 著者 大隅 良典
  • 著者 永田 和宏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784041081471

この世の理を見出す科学研究の魅力を、第一線を走ってきた二人が伝える!

(目次)
序章 こんなに楽しい職業はない(対談)

第1部 研究者の醍醐味--世界で自分だけが知っている
第一章 研究は「おもろい」から(永田)
第二章 一番乗りよりも誰もやっていない新しいことを(大隅)

第2部 効率化し高速化した現代で
第三章 待つことが苦手になった私たち(永田)
第四章 安全志向の殻を破る(大隅)

第3部 「役に立つ」の呪縛から飛び立とう
第五章 「解く」ではなく「問う」を(永田)
第六章 科学を文化に(大隅)

終章(対談)

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

◆序章 こんなに楽しい職業はない(対談)
サイエンスの世界にようこそ
科学は人の営み
日本のサイエンスのいま
最初から専門を決めなくてOK
サイエンスは社会的な存在である

第1部 研究者の醍醐味--世界で自分だけが知っている

◆第一章 研究は「おもろい」から(永田)
選択はおもしろいほうを
やはり研究者になろう
ワンオブゼムではおもしろくない
種を蒔こうとするスタンスが基礎研究
研究現場は大股で歩け
ゼロから始めることで得る喜び
科学者は楽観主義であれ
おもしろさを追求できる自由
驚きと感動をこそ大切にしたい

◆第二章 一番乗りよりも誰もやっていない新しいことを(大隅)
終戦の年に生まれて、自然の中で
分子生物学との出会い
渡米、ニューヨークでの留学生活
人のやらないことをやろう
間違いなくおもしろい現象に出会った!
オートファジーに関わる遺伝子を特定
次々に明らかになる事実で世界を独走
その折々にベストを尽くす

第2部 効率化し高速化した現代で

◆第三章 待つことが苦手になった私たち(永田)
知るために費やす時間
非効率な時間が興味を膨らませる
「思いがけない」が失われている
乗り遅れ症候群
与えられる知から、欲する知へ
〈知へのリスペクト〉
プロセスにこそ喜びはある
パラダイムを示してくれる人との出会い
素晴らしき「ヘンな奴ら」

◆第四章 安全志向の殻を破る(大隅)
好きなことができていい?
研究者は何が楽しい?
研究とお金
科学者には多様性が必要だ
得意なことではなく苦手なことで決められる進路
研究者を育てる環境
議論する日常、閉じこもる日常
若者の特権と安全志向
失敗を恐れる必要はない
未知の世界は先が見えないからこそ楽しい

第3部 「役に立つ」の呪縛から飛び立とう

◆第五章 「解く」ではなく「問う」を(永田)
答えられるより問えることが大切
いかに問えるか
答えの先に新たなる問い
すぐに納得しないで
孔子の過激な教育観
非効率な体験が想定外の対応力を養う
失敗へのチャレンジ
自分の仕事と同じように人の仕事をおもしろがれるか

◆第六章 科学を文化に(大隅)
科学を身近に感じるために
終わりのない仮説と検証のサイクル
現代における科学の役割
まずは科学とは何かを考えてみよう
科学や技術の評価には時間がかかる
国に依存しない基礎科学研究の支援

終章(対談)
先が見えない不安
大学の専門学校化
いい失敗と悪い失敗
ゲノム編集や再生医療
役に立たなくてもサイエンスには喜びがある
大隅財団という社会実験

メディアミックス情報

NEWS

「未来の科学者たちへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 基礎科学分野で世界的な功績をあげた2人の老科学者による対談と寄稿のまとめ。現代の行き過ぎた合理主義の蔓延を嘆く。新聞の連載記事や正月特集とかに合いそうな話。基礎科学を取り巻く状況は一般市民の仕事や生活 基礎科学分野で世界的な功績をあげた2人の老科学者による対談と寄稿のまとめ。現代の行き過ぎた合理主義の蔓延を嘆く。新聞の連載記事や正月特集とかに合いそうな話。基礎科学を取り巻く状況は一般市民の仕事や生活にも抽象化して捉えられるため、若い学生よりもある程度人生経験を積んだ一般市民にこそ響く内容だと感じた。印象に残ったのは二人の人間性。超優秀な科学者だから、さぞ合理的と思いきや、全く違って、とても人間的なお人柄だった。天邪鬼的だったり、感覚重視的な部分を曝け出して、堂々とする所は自信の裏返しなのかもしれないが。 …続きを読む
    jackbdc
    2022年04月03日
    12人がナイス!しています
  • 「科学を文化に」という大隅さんの一言に詰まっている。好奇心に正直な科学の営みは人間の活動の根源である。科学の価値は芸術やスポーツと同じように、役に立つではなく、未知のことが解明されることを人類の共通資 「科学を文化に」という大隅さんの一言に詰まっている。好奇心に正直な科学の営みは人間の活動の根源である。科学の価値は芸術やスポーツと同じように、役に立つではなく、未知のことが解明されることを人類の共通資産として純粋に楽しめること。科学と技術は接近した関係ではあるが、発見と発明という違うものであるという認識が大事。好奇心に突き動かされる基礎研究、具体的に役に立つことを目指す応用研究、そして大学発ベンチャー。どれも大切であり、どこかが先細りする仕組みではなく、役割分担して活発化する環境作りに携わりたいと思った。 …続きを読む
    hayataka
    2022年02月12日
    2人がナイス!しています
  • こんなに楽しい職業はない: 最初から専門を決めなくてOK サイエンスは社会的な存在である 研究者の醍醐味-世界で自分だけが知っている 研究は「おもろい」から: ワンオブゼムではおもしろくない 科学者は こんなに楽しい職業はない: 最初から専門を決めなくてOK サイエンスは社会的な存在である 研究者の醍醐味-世界で自分だけが知っている 研究は「おもろい」から: ワンオブゼムではおもしろくない 科学者は楽観主義であれ 一番乗りよりも誰もやっていない新しいことを: 終戦の年に生まれて、自然の中で その折々にベストを尽くす 効率化し高速化した現代で 待つことが苦手になった私たち 知るために費やす時間 安全志向の殻を破る 「役に立つ」の呪縛から飛び立とう 「解く」ではなく「問う」を 科学を文化に …続きを読む
    Go Extreme
    2022年01月05日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品