未来の科学者たちへ 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年11月26日
商品形態:
電子書籍

未来の科学者たちへ

  • 著者 大隅 良典
  • 著者 永田 和宏
発売日:
2021年11月26日
商品形態:
電子書籍

この世の理を見出す科学研究の魅力を、第一線を走ってきた二人が伝える!

(目次)
序章 こんなに楽しい職業はない(対談)

第1部 研究者の醍醐味--世界で自分だけが知っている
第一章 研究は「おもろい」から(永田)
第二章 一番乗りよりも誰もやっていない新しいことを(大隅)

第2部 効率化し高速化した現代で
第三章 待つことが苦手になった私たち(永田)
第四章 安全志向の殻を破る(大隅)

第3部 「役に立つ」の呪縛から飛び立とう
第五章 「解く」ではなく「問う」を(永田)
第六章 科学を文化に(大隅)

終章(対談)

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「未来の科学者たちへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 基礎科学分野で世界的な功績をあげた2人の老科学者による対談と寄稿のまとめ。現代の行き過ぎた合理主義の蔓延を嘆く。新聞の連載記事や正月特集とかに合いそうな話。基礎科学を取り巻く状況は一般市民の仕事や生活 基礎科学分野で世界的な功績をあげた2人の老科学者による対談と寄稿のまとめ。現代の行き過ぎた合理主義の蔓延を嘆く。新聞の連載記事や正月特集とかに合いそうな話。基礎科学を取り巻く状況は一般市民の仕事や生活にも抽象化して捉えられるため、若い学生よりもある程度人生経験を積んだ一般市民にこそ響く内容だと感じた。印象に残ったのは二人の人間性。超優秀な科学者だから、さぞ合理的と思いきや、全く違って、とても人間的なお人柄だった。天邪鬼的だったり、感覚重視的な部分を曝け出して、堂々とする所は自信の裏返しなのかもしれないが。 …続きを読む
    jackbdc
    2022年04月03日
    12人がナイス!しています
  • 「科学を文化に」という大隅さんの一言に詰まっている。好奇心に正直な科学の営みは人間の活動の根源である。科学の価値は芸術やスポーツと同じように、役に立つではなく、未知のことが解明されることを人類の共通資 「科学を文化に」という大隅さんの一言に詰まっている。好奇心に正直な科学の営みは人間の活動の根源である。科学の価値は芸術やスポーツと同じように、役に立つではなく、未知のことが解明されることを人類の共通資産として純粋に楽しめること。科学と技術は接近した関係ではあるが、発見と発明という違うものであるという認識が大事。好奇心に突き動かされる基礎研究、具体的に役に立つことを目指す応用研究、そして大学発ベンチャー。どれも大切であり、どこかが先細りする仕組みではなく、役割分担して活発化する環境作りに携わりたいと思った。 …続きを読む
    hayataka
    2022年02月12日
    2人がナイス!しています
  • こんなに楽しい職業はない: 最初から専門を決めなくてOK サイエンスは社会的な存在である 研究者の醍醐味-世界で自分だけが知っている 研究は「おもろい」から: ワンオブゼムではおもしろくない 科学者は こんなに楽しい職業はない: 最初から専門を決めなくてOK サイエンスは社会的な存在である 研究者の醍醐味-世界で自分だけが知っている 研究は「おもろい」から: ワンオブゼムではおもしろくない 科学者は楽観主義であれ 一番乗りよりも誰もやっていない新しいことを: 終戦の年に生まれて、自然の中で その折々にベストを尽くす 効率化し高速化した現代で 待つことが苦手になった私たち 知るために費やす時間 安全志向の殻を破る 「役に立つ」の呪縛から飛び立とう 「解く」ではなく「問う」を 科学を文化に …続きを読む
    Go Extreme
    2022年01月05日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品