陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ……3

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784040731070

陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ……3

  • 著者 佐倉 唄
  • イラスト 桝石きのと
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784040731070

陰キャに文化祭をエンジョイさせる……だと!? 正気か?

文化祭――陽キャが盛る一大行事。もちろん静かにやり過ごしたい俺だったが……なぜ劇の主役に選ばれた? なぜ来場者数増加のために協力を? なぜ秋月に告白された? おい春日、一体どうなってんだ!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「陰キャラな俺とイチャつきたいってマジかよ……3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【電子書籍】告白以来好意を隠さないレミと、恋人の陽奈の両方から迫られる静紀。そんな静紀は文化祭で、クラス劇の王子役として姫役の陽奈とともにステージに上がることに。一方、千坂先輩は、実行委員長として文化 【電子書籍】告白以来好意を隠さないレミと、恋人の陽奈の両方から迫られる静紀。そんな静紀は文化祭で、クラス劇の王子役として姫役の陽奈とともにステージに上がることに。一方、千坂先輩は、実行委員長として文化祭を大成功させようと意気込む。そして咲夜は…文化祭当日に静紀への愛を告白。様々な想いが交錯する中、静紀は唯一人への愛を確かなものにするため決意する!陰キャと陽キャの異文化交流を描いたラブコメも大団円を迎えました。キャラクターが皆個性的かつ魅力的で、良いシリーズだったと思います。佐倉氏の次回作にも期待です。 …続きを読む
    芳樹
    2019年12月18日
    11人がナイス!しています
  • 文化祭という陰キャラの天敵のイベントが始まる中、劇の主役に選ばれたり秋月に告白されたりと騒動が続く最終巻。―――その一歩を踏み出す時、世界は大きく開きだす。 文化祭、静かでいいのに、大騒動。そんな七転 文化祭という陰キャラの天敵のイベントが始まる中、劇の主役に選ばれたり秋月に告白されたりと騒動が続く最終巻。―――その一歩を踏み出す時、世界は大きく開きだす。 文化祭、静かでいいのに、大騒動。そんな七転八倒、静紀にとっては頭と腹が痛くなりそうな展開が続く巻であり、春日との触れ合いと多方面からの重圧に振り回されながらも一歩を踏み出す、小さいけれど確かな成長が見える、結実の温かさが嬉しく思える巻である。世界に示した自分達の関係。きっとこの手は繋がっていく、これからも、どこまでも。 うん、とても面白かった。 …続きを読む
    真白優樹
    2019年03月23日
    5人がナイス!しています
  • こういうラノベも一風変わってて面白い。けど、このシリーズは全般的に変に理屈をこねくり回している印象が強い。それが人によっては敬遠されることにもなってしまうのでは?/あと、千坂先輩のルー大柴まがいの、中 こういうラノベも一風変わってて面白い。けど、このシリーズは全般的に変に理屈をこねくり回している印象が強い。それが人によっては敬遠されることにもなってしまうのでは?/あと、千坂先輩のルー大柴まがいの、中途半端なイングリッシュをコンバーセイションの中にインサートされるとリードするのがとてもハードだった。/バイ・ザ・ウェイ、佐倉先生のネクストのワークをルックフォワードしてます。 …続きを読む
    熱東風(あちこち)
    2019年08月25日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品