明治生まれの日本語

明治生まれの日本語 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

明治生まれの日本語

  • 著者 飛田 良文
発売日:
2019年06月14日
商品形態:
電子書籍

「彼女」「恋愛」「冒険」「しちゃう」──150年前には新語でした

私たちの日本語には、150年前には誰も知らなかった明治の新語、流行語があふれている。文明開化が生んだ「東京」「時間」「世紀」、家族像を更新した「恋愛」「家庭」「新婚旅行」、そして「個人」「常識」「科学」といった近代の基本概念──。身分制の崩壊、人の移動、学校制度の確立など、かつてない社会の変動が引き金となって、言葉は大きく変わった。意外に新しい言葉たちの誕生の秘密に、国語辞典の編纂で知られる第一人者が迫る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「明治生まれの日本語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明治の文化が好きなので面白かった。もうちょっといろいろこのテーマで書けそう。狙いをある程度定めて国立国会図書館に籠ればいいのだろうか。 明治の文化が好きなので面白かった。もうちょっといろいろこのテーマで書けそう。狙いをある程度定めて国立国会図書館に籠ればいいのだろうか。
    佐島楓@勉強中
    2019年07月17日
    70人がナイス!しています
  • 明治の新語は、文献調査で、誰によって、どのように作られたか、が判明することがあるのでおもしろい。日本の新語が中国の用例が(別の意味で使われて)あったりするし、洋書の訳に苦心して作ったものも。個別の用例 明治の新語は、文献調査で、誰によって、どのように作られたか、が判明することがあるのでおもしろい。日本の新語が中国の用例が(別の意味で使われて)あったりするし、洋書の訳に苦心して作ったものも。個別の用例が楽しいエッセイ。筆者は挙げていないが、「東京」は高麗の郷歌にも出てくる。前島密が出てくるのなら「郵便」もそうだろう。「はがき」も元は今で言う約束手形の呼び名を、ポストカードの訳語に転用。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2019年06月19日
    57人がナイス!しています
  • 言葉の薀蓄は好きなので、気が向けば買ってしまう。この著者は初読み。個々の言葉の選択と由来よりもこの先生のアプローチの仕方が面白かった。辞書を調べるのが基本らしい。腑に落ちる話だ。少なくとも定着した時期 言葉の薀蓄は好きなので、気が向けば買ってしまう。この著者は初読み。個々の言葉の選択と由来よりもこの先生のアプローチの仕方が面白かった。辞書を調べるのが基本らしい。腑に落ちる話だ。少なくとも定着した時期はわかるわけだ。更に訳語の場合は外国語の辞書をあたる。これももっとも。更に漢字の場合はチャイナの辞書にも目を通す。この場合はチャイナ由来の翻訳漢語も結構あるようだ。まぁ和製漢語が本場に行っている事もあるわけだが。言うまでもなく「言葉」と共に実態があるわけで、例えば「哲学」なんて随分苦労している。続く …続きを読む
    ヨーイチ
    2019年10月15日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品