角川ソフィア文庫

生理用品の社会史

人類が、生理用品改良に重ねてきた奮闘の軌跡―。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044004736
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

生理用品の社会史

人類が、生理用品改良に重ねてきた奮闘の軌跡―。

  • 著者 田中 ひかる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044004736

人類が、生理用品改良に重ねてきた奮闘の軌跡―。

日本女性の生活を大きく変えた画期的な商品「アンネナプキン」。その誕生は、ほんの50年ほど前のことである。女性の社会進出を支えた商品開発の裏には、一人の女性経営者の一筋縄ではいかないドラマがあった――。植物、絹、脱脂綿、ビクトリヤなど、不便で不快だった古い経血処理の方法から、欧米ほどタンポンの使用が普及しなかった理由まで。一大ビジネスへと発展した、女性史にとどまらない日本社会の変遷を明らかにする。

【目次】
はじめに
第一章 ナプキンがなかった時代の経血処理―植物から脱脂綿まで
第二章 生理用品の進化を阻んだ月経不浄視―「血の穢れ」の歴史
第三章 生理用品が買えた月経観―アンネナプキンの東上
第四章 今日の生理用品―ナプキンをめぐる“イデオロギー”
おわりに
文庫版あとがき
引用・参考文献
生理用品関連年表
アンネ社広告資料

もくじ

はじめに
第一章 ナプキンがなかった時代の経血処置――植物から脱脂綿まで
第二章 生理用品の進化を阻んだ月経不浄視――「血の穢れ」の歴史
第三章 生理用品が変えた月経観――アンネナプキンの登場
第四章 今日の生理用品――ナプキンをめぐる“イデオロギー”
おわりに
生理用品関連年表
引用・参考文献
アンネ社広告資料
あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「生理用品の社会史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 生理用品の捉え方(メーカー、消費者双方の)が時代によって、刻々と変わっていくのが興味深く描かれていました。「時代によって」と言っても、ナプキンが市民権(?)得たのって、ここ40~50年くらいのこと。隠 生理用品の捉え方(メーカー、消費者双方の)が時代によって、刻々と変わっていくのが興味深く描かれていました。「時代によって」と言っても、ナプキンが市民権(?)得たのって、ここ40~50年くらいのこと。隠さなくちゃいけないモノが、テレビCMで堂々と出てきたと思ったら、男性タレントさんがCMに出てくれたり…僅かな期間に進歩と拡大を遂げた商品ってそんなに無いよ。生理用品だけど、マーケティング勉強している人にも、十分役立つと思いますよ。 …続きを読む
    栗羊羹
    2019年03月15日
    16人がナイス!しています
  • 女性が社会進出できなかった理由の一つにこの「月経」という存在があるな、と改めて感じた。世の中がどんどん効率性を求めていくようになるに従って「月経」という煩わしさを持った女性は排除されていったんだろう。 女性が社会進出できなかった理由の一つにこの「月経」という存在があるな、と改めて感じた。世の中がどんどん効率性を求めていくようになるに従って「月経」という煩わしさを持った女性は排除されていったんだろう。先人の努力によって快適な生理用品を使うことができているわけだけど、それが存在しない時代はどんなに大変だったろうと思った。イデオロギーに満ち溢れた使い捨てナプキン否定論はげんなりさせられる。身体性に基づいているからかもしれないけれど、フェミニズム的言説は巫女の託宣のような響きを帯びていて、理性的には思えない。 …続きを読む
    かやは
    2019年04月18日
    12人がナイス!しています
  • 女性の生理の代名詞や隠喩にもなった「アンネ」の由来である「アンネナプキン」とそれを製造していた企業の栄枯盛衰がやたら面白かった。1962年から71年までの同社の広告が掲載されているが、いま見ても斬新だ 女性の生理の代名詞や隠喩にもなった「アンネ」の由来である「アンネナプキン」とそれを製造していた企業の栄枯盛衰がやたら面白かった。1962年から71年までの同社の広告が掲載されているが、いま見ても斬新だ。同社の創業者である坂井泰子は、素人がゆえにビジネスを成功させたが、素人がゆえにビジネスを持続できなかった、というのは穿ち過ぎか。 こういう視点の社会史というのも興味深く、面白かった。血の滲むような企業努力って、どんなものにもあるのね。映画『パッドマン』の先を行っていたわけだ、日本は。 …続きを読む
    Inzaghico
    2019年03月05日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品