試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041080221

地形の思想史

  • 著者 原 武史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041080221

「空間」こそ、日本の思想を生んでいた――。もう一つの「歴史」が眼前に!

なぜ、皇太子一家はある「岬」を訪ね続けたのか?
なぜ、「峠」で天皇制と革命思想は対峙したのか?
なぜ、富士の「麓」でオウムは終末を望んだのか?

なぜ、皇室の負の歴史は「島」に閉ざされたのか? 
なぜ、記紀神話は「湾」でいまも信仰を得るのか?
なぜ、陸軍と米軍は「台」を拠点にし続けたのか? 
なぜ、「半島」で戦前と戦後は地続きとなるのか?

7つの「地形」から日本を読み解く。
「空間」こそ、日本の思想を生んでいた――。

日本の一部にしか当てはまらないはずの知識を、私たちは国民全体の「常識」にしてしまっていないだろうか? 
人間の思想は、都市部の人工的な空間だけで生み出されるわけではない。地形が思想を生み出したり、地形によって思想が規定されたりすることもあるのだ。
七つのテーマと共に、独特な地形と、伝説を含めてそこに滞在ないし生活する人々の間にきわめて強い関係がみられる場所を実際に歩く。
すると、死角に沈んだ日本の「思想史」が見えてくる。
風土をめぐり、不可視にされた「歴史」を浮き彫りにする原思想史学の新境地!

もくじ

 まえがき

第一景 「岬」とファミリー 
上   下

第二景 「峠」と革命
上   下

第三景 「島」と隔離
上   下

第四景 「麓」と宗教
上   下

第五景 「湾」と伝説
上    下

第六景 「台」と軍隊
上    下

第七景 「半島」と政治
上    下


 あとがき
 主要参考文献一覧

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「地形の思想史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 地質学や地理学はフィールド調査なしでは成り立たない。文系でも民俗学などでは然りと思うが、著者は政治思想史でも、土地に根ざした”思想の歴史”があると考えているようである。尤もアカデミックを装いながら自分 地質学や地理学はフィールド調査なしでは成り立たない。文系でも民俗学などでは然りと思うが、著者は政治思想史でも、土地に根ざした”思想の歴史”があると考えているようである。尤もアカデミックを装いながら自分の趣味の世界に引き込んでいるようにも思えるところも無いではないが、それもまた楽しい。岬、峠、島…とカテゴリーに分け考察。そして実際に彼の地を訪ね、その紀行を綴る。凡人にはただ”美しい”だけの風景も、歴史や文化の背景を知ると俄然、深みが増す。後藤新平建議による広島・似島の復員兵検疫施設跡など時節柄、興味深い。 …続きを読む
    まーくん
    2020年05月12日
    88人がナイス!しています
  • 地形があって、意味があるのか。意味が先にあって、そこに風景を見出すのか。単なる紀行文でもなく、理論展開の書でもない。唯物的な地形という言葉を使い、人文学は机に座ってばかりいないだろうかという問題意識が 地形があって、意味があるのか。意味が先にあって、そこに風景を見出すのか。単なる紀行文でもなく、理論展開の書でもない。唯物的な地形という言葉を使い、人文学は机に座ってばかりいないだろうかという問題意識がある中で、両者の中間といったところです。大上段は避けていますが、近代の歪みともいえる視点だけは一貫しています。第3景では、瀬戸内海の長島愛生園を訪ねます。すぐ思い浮かぶのは、『滝山コミューン』にもあったように、著者の生育環境にハンセン病隔離施設があったことです。そこよりも外界から途絶され、皇国イデオロギーに影 …続きを読む
    ころこ
    2020年01月16日
    43人がナイス!しています
  • 政治学者である著者が、民俗学者の柳田國男のフィールド・ワークに刺激を受けて各地を歩く紀行文エッセイ。訪ねる地は、浜名湖、奥多摩、瀬戸内長島・似島、富士山麓、三浦・房総半島、相武台、大隅半島。司馬遼太郎 政治学者である著者が、民俗学者の柳田國男のフィールド・ワークに刺激を受けて各地を歩く紀行文エッセイ。訪ねる地は、浜名湖、奥多摩、瀬戸内長島・似島、富士山麓、三浦・房総半島、相武台、大隅半島。司馬遼太郎氏の「街道をゆく」を楽しんでいる私としては、異なる著者の紀行文、視点変わりで新鮮。何時ものようにグーグル地図を座右にしながら、コロナ・ウイルス騒ぎの逼塞生活のなか充実の一日がおくれて感謝。どの地も訪ねて見たいのだけれど、浜名湖、奥多摩、大隅半島は特に。相武台はとても懐かしい改めて再訪も一興。 …続きを読む
    kawa
    2020年02月29日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品