君の想い出をください、と天使は言った

君の想い出をください、と天使は言った 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年08月23日
商品形態:
電子書籍

君の想い出をください、と天使は言った

  • 著者 辻堂 ゆめ
発売日:
2019年08月23日
商品形態:
電子書籍

私の大切なものって、何だったの――!? 絶対泣ける、極上の恋愛ミステリ

悪性の脳腫瘍で病院に運ばれた夕夏。夜中に泣いていると謎の男が現れ「大切なものと引き換えに命を助ける」と持ち掛けられる。翌朝、腫瘍は良性に変わっていたが夕夏からはここ2年間の記憶が消えていて――


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「君の想い出をください、と天使は言った」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 急性脳腫瘍で入院し、医師の態度から最悪の結果を察してしまい絶望する河野夕夏。その夜悪魔を名乗る不思議な青年と出会い、大切なものと引き換えに命を助ける取引を交わす恋愛ミステリ。二年間の記憶を失って様々な 急性脳腫瘍で入院し、医師の態度から最悪の結果を察してしまい絶望する河野夕夏。その夜悪魔を名乗る不思議な青年と出会い、大切なものと引き換えに命を助ける取引を交わす恋愛ミステリ。二年間の記憶を失って様々な違いに戸惑いながらも再び職場の銀行で働き始める夕夏と、そんな彼女の前にアフターフォローとして再び現れた青年・水上。記憶が戻らなくても確実に前に進めている実感があって、そんな彼女を気にかけてくれる人たちがいて、そんな中で本当に大切なものを再び見出して、これまでの全てが繋がってゆく結末がとても素敵な物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2019年10月07日
    42人がナイス!しています
  • 急性の脳腫瘍で倒れた夕夏に持ち掛けられた「取引」。彼は自らを「悪魔」と称し、最も大切なものと引き替えに、夕夏の命を救うという。夕夏が無くしたのは、2年間の記憶だった――。記憶を失った夕夏の戸惑いや辛さ 急性の脳腫瘍で倒れた夕夏に持ち掛けられた「取引」。彼は自らを「悪魔」と称し、最も大切なものと引き替えに、夕夏の命を救うという。夕夏が無くしたのは、2年間の記憶だった――。記憶を失った夕夏の戸惑いや辛さ。彼は一体何者なのか、どうして「取引」を持ち掛けたのか気になり一気に読んでしまった。いやこれはもう泣く。家で読んで良かった。あちこちに散りばめられた伏線がきれいに回収されたラスト。最後は良かった!幸せな気持ちになった。もうとにかく好きな物語。 …続きを読む
    もも
    2019年09月19日
    42人がナイス!しています
  • 『失くした想い出に、もっと自信を持つべきだよ』… 途中から、そうじゃないか?と思った。 その後すぐに、そうじゃなければ嫌だ!と思った。 ラストはロマンチックで、とても良い作品だった。 読後、 『失くした想い出に、もっと自信を持つべきだよ』… 途中から、そうじゃないか?と思った。 その後すぐに、そうじゃなければ嫌だ!と思った。 ラストはロマンチックで、とても良い作品だった。 読後、少しだけ若返った気がする。 気のせいかもしれないが、白髪が減った気がする。。 …続きを読む
    Junichi Yamaguchi
    2019年10月10日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品