本能寺前夜 西国をめぐる攻防 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年02月26日
商品形態:
電子書籍

本能寺前夜 西国をめぐる攻防

  • 著者 光成 準治
発売日:
2020年02月26日
商品形態:
電子書籍

誤った通説を覆す! 本能寺の変の背景を合戦を軸に西国大名に着目し検証。

信長との合戦を繰り広げ、将軍の権威を利用して西国諸大名との連携を試みた毛利氏。一方、毛利氏の勢力拡大に反発する大名・領主層を抱き込む包囲網を目論んだ信長。西国経略において競合していた軍事指揮官の秀吉と光秀は、最大の敵・毛利氏との決戦と、天下一統とが近づくにつれ、立場に齟齬を生じさせる――。本能寺の変の背景を、合戦を軸に西国大名の関係に着目し検証。天下一統への希求を生んだ状況に最新研究で迫る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「本能寺前夜 西国をめぐる攻防」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 優。本能寺の分析というより、あまり知られることのない西国の戦国史。毛利氏が織田政権と本格的な対立関係に入るの義昭下向以降。毛利氏の消極的な態度が、畿内中国の反織田勢力の瓦解の要因。毛利氏の消極的な態度 優。本能寺の分析というより、あまり知られることのない西国の戦国史。毛利氏が織田政権と本格的な対立関係に入るの義昭下向以降。毛利氏の消極的な態度が、畿内中国の反織田勢力の瓦解の要因。毛利氏の消極的な態度の原因は毛利氏が国人層の盟主に過ぎない支配体制の脆弱性に起因。他方、目を転じれば、北部九州における大友氏との対立関係。九州戦国は大友氏と毛利氏、大友氏と竜造寺氏、大友氏と島津氏の対抗関係と織田政権の関与。織田権力は、配下武将を熾烈な競争に置く。対毛利氏、対長曾我部氏政策で秀吉の巻き返しで窮地の光秀の起死回生。 …続きを読む
    nagoyan
    2020年03月18日
    8人がナイス!しています
  • 信長上洛後から本能寺の変前までの織田・毛利の関係を追った一冊。阿波三好を共通の敵とした提携の時期から、足利義昭の鞆下向による決裂、そして西国の覇権をかけた戦争まで変転極まる両家の関係を、一次史料を多く 信長上洛後から本能寺の変前までの織田・毛利の関係を追った一冊。阿波三好を共通の敵とした提携の時期から、足利義昭の鞆下向による決裂、そして西国の覇権をかけた戦争まで変転極まる両家の関係を、一次史料を多く引用することで緊張感を持って再現している。またその中で織田家武将たちの熾烈な手柄争い、特に対毛利強硬路線の秀吉と、その対抗馬となった融和路線の光秀の関係も描かれる。毛利家メインでタイトルから想像する内容とはだいぶ異なるのだが、戦国時代後期の西国情勢がよくわかって面白い。 …続きを読む
    MUNEKAZ
    2020年02月27日
    8人がナイス!しています
  • あまり知らなかった視点でおもしろい。 毛利氏から見れば、新興勢力織田氏が急成長して接近してきた感じだろうな。 あまり知らなかった視点でおもしろい。 毛利氏から見れば、新興勢力織田氏が急成長して接近してきた感じだろうな。
    onepei
    2020年04月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品