波紋と螺旋とフィボナッチ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044004590

波紋と螺旋とフィボナッチ

  • 著者 近藤 滋
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044004590

シマウマの縞や巻き貝の形……生き物の形の神秘を数理のめがねで読み解く!

(目次)
はじめに
第1章 育てよカメ、でもどうやって!?
第2章 白亜紀からの挑戦状
第3章 シマウマよ、汝はなにゆえにシマシマなのだ?
第4章 シマウマよ、汝はなにゆえにシマシマなのだ?(解決編)
第5章 吾輩はキリンである 模様はひび割れている
第6章 反応拡散的合コン必勝法
第7章 アメーバはらせん階段を上ってナメクジに進化する?
第8章 すべての植物をフィボナッチの呪いから救い出す
第9章 生命科学でインディ・ジョーンズしよう!(宝の地図編)
第10章 生命科学でインディ・ジョーンズしよう!(お宝への旅編)
おわりに



トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「波紋と螺旋とフィボナッチ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 生物の発生について、超楽しんで読んだ。生物のしま模様、らせん構造、斑点などの成因を、実に簡単な原理で説き明かす。単純な始まりから、こんなにも多様な形が生まれるとは! 難解な数学の解説を覚悟していたけど 生物の発生について、超楽しんで読んだ。生物のしま模様、らせん構造、斑点などの成因を、実に簡単な原理で説き明かす。単純な始まりから、こんなにも多様な形が生まれるとは! 難解な数学の解説を覚悟していたけど、まるで心配無用。思わず胸をなでおろした。それにしても近藤先生の、ドラクエ・特撮ネタ満載のオタク文章には爆笑。これでいいんです。勉強になれば! …続きを読む
    へくとぱすかる
    2019年04月30日
    55人がナイス!しています
  • 名著が文庫化されたので読んでみたが、抜群に面白い。生物学には全く素人の私にとっては、目から鱗の連続。動物の角や牙が成長する「らせん構造」を表現した数理モデルに感動し、シマウマや魚などの縞模様・網目・斑 名著が文庫化されたので読んでみたが、抜群に面白い。生物学には全く素人の私にとっては、目から鱗の連続。動物の角や牙が成長する「らせん構造」を表現した数理モデルに感動し、シマウマや魚などの縞模様・網目・斑点が、すべて、アラン・チューリングの波動理論である反応拡散方程式で表されることにびっくり。更に、植物の葉や種の並びの数の多くがフィボナッチ数になることを、黄金比を用いて証明する鮮やかさには舌を巻く。生物学を、数学的に見事に説明する爽快さと同じくらい、ユーモア溢れた著者の語り口にも大拍手だ。本当にいい本です! …続きを読む
    trazom
    2019年08月01日
    33人がナイス!しています
  • 生物は生きる上で、活性化因子と抑制因子の相互作用であらゆる生命機能の程度を調節する機能がある。本書の著者 近藤滋氏は、前記相互作用が顕在化したものが、生物の体表パターンである事を示した人物である。本書 生物は生きる上で、活性化因子と抑制因子の相互作用であらゆる生命機能の程度を調節する機能がある。本書の著者 近藤滋氏は、前記相互作用が顕在化したものが、生物の体表パターンである事を示した人物である。本書は著者の研究テーマであるTuring波(反応拡散波)をキーワードに、シマウマや魚類の体表パターンが現れる仕組みを分子生物学的に説明する事を試みている。螺旋についても紹介されており、異常巻きアンモナイトの貝形成の謎などはとても興味深かった。一読すると、生物の姿を見る時にその生きてきた時間を意識させられる。 …続きを読む
    春風
    2019年04月17日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品