角川ソフィア文庫

もし、日本という国がなかったら

井上ひさしの親友で、「戦メリ」助監督。日本愛にあふれる抱腹絶倒エッセイ

  • 著者 ロジャー・パルバース
  • 訳 坂野 由紀子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044004552

角川ソフィア文庫

もし、日本という国がなかったら

井上ひさしの親友で、「戦メリ」助監督。日本愛にあふれる抱腹絶倒エッセイ

  • 著者 ロジャー・パルバース
  • 訳 坂野 由紀子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044004552

井上ひさしの親友で、「戦メリ」助監督。日本愛にあふれる抱腹絶倒エッセイ

1957年10月、ロスの夜空に描かれたスプートニクの軌跡に衝撃を受け、天文学者にあこがれた13歳の著者は、翌日から独学でロシア語を学びはじめた。ハーバード大学の修士を終え、ロシアへわたるが、外からソ連を眺めたいと米国学生協会の奨学金を受けてワルシャワ大学へ。
しかし、実はCIAの隠れ蓑だった同協会がそのことをアメリカのリベラル雑誌にすっぱ抜かれ、その身代わりにされた著者はCIAのスパイ容疑をかけられる。ジョンソン政権をゆるがす事件に、一度は恋人のいるパリへわたるが、破局してやむなく帰国。しかし、迫り来るベトナム戦争の徴兵から逃げるため、今度はまったくの未知の国・日本へ向かう。

日本語はおろか日本についてまったく知らなかった著者が、ひょんなことから若泉敬と出会い、京都産業大学でロシア語とポーランド語の職を得る。あっという間に日本へ魅せられていった著者が、日本全国を旅し、多くの文化人と親交を結び、半世紀を過ごした日本と日本人の魅力について、多くの著名人とのエピソードともに紹介する。

もくじ

1 ここが、ぼくの国だ――タクシーの窓から見えたもの
2 驚くべき創造力の国へ――ぼくの人生は、あらかじめ準備されていた
3 世界には、誠実で正直な日本が必要だ――京都での生活と若泉敬との出会いから
4 日本人も知らない本当の世界遺産とは――日本美の思想と、宮澤賢治の心
5 「5つの日本」――小さな国に満ちあふれた多様性
6 1960~70年代に現れた革命児たち――日本独自の大衆文化を創った、天才たちの功績
7 世界にも希有な表現者――親友、井上ひさし先生の思い出
8 「戦メリ」の助監督をしてわかったこと――「戦後」は転換期を迎えた
9 日本の文化は「振る舞い」に表れる――日本人だけが持つ礼儀正しさと、特有のユーモアセンス
10 ここではあらゆる場所が「舞台」である――日常における日本人の見事な演劇性
11 世界が気づいた「無私の心」――日本の風土から生まれた利他の精神
12 銀河系を自らの中に意識せよ――「反逆精神」から生まれる、日本独自のオリジナリティ
13 杉浦千畝が世界に示したもの――日本人の良心を世界のモデルにするために
14 真に非宗教的な先進国、日本――世界を対立から救うのは、日本以外にない
15 日本よ、自らと世界を再デザインせよ――空間と時間を再構成する日本文化と日本語の素晴らしさ

トピックス

最近チェックした商品