富士見L文庫

犯罪心理分析班・八木小春 アイアンウルフの箱

発売日:
2019年01月15日
商品形態:
電子書籍
犯罪心理分析班・八木小春 アイアンウルフの箱 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

犯罪心理分析班・八木小春 アイアンウルフの箱

  • 著者 佐藤 青南
発売日:
2019年01月15日
商品形態:
電子書籍

姿なき爆弾魔。革命を謳うテロリストの狙いは……天才プロファイラー?

犯罪心理分析班C-Masの新米刑事・八木小春がプロファイラーの土岐田とともに向かったのは、爆弾テロの標的とされた政治家の事務所だった。土岐田は連続爆弾魔・ユナボマーを模した事件の可能性を疑うのだが……


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「犯罪心理分析班・八木小春 アイアンウルフの箱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 犯罪心理分析班その2。今回は爆弾魔との対決。サイコパスのやり取りが面白くなってきた。 犯罪心理分析班その2。今回は爆弾魔との対決。サイコパスのやり取りが面白くなってきた。
    ダイ
    2019年02月09日
    87人がナイス!しています
  • シリーズ二作目。今回犯罪心理分析班が追うのは、「革命結社アイアンウルフ」を名乗る爆弾魔。発達障害のプロファイラーと二人のサイコパスに囲まれ、奮闘する小春の存在がいい。平凡極まりない普通の存在である彼女 シリーズ二作目。今回犯罪心理分析班が追うのは、「革命結社アイアンウルフ」を名乗る爆弾魔。発達障害のプロファイラーと二人のサイコパスに囲まれ、奮闘する小春の存在がいい。平凡極まりない普通の存在である彼女がいるからこそ、他の三人のキャラクターも生きてくるのだと思う。振り回される小春は大変だけど、だんだん犯罪心理分析班がチームとしてまとまってきているのが見えるのが嬉しい。このチームを変えているのも実は小春なのかな。爆弾魔の正体は分かりやすく、そこは少し勿体ない気も。でも、軽く楽しめるので、次作があれば読みたい。 …続きを読む
    2019年03月21日
    59人がナイス!しています
  • シリーズ2作目。またツッコミどころが多く、今回は犯人も途中で検討がついてしまうのが気になるところ。でもやっぱり登場人物のキャラが面白く、ストーリーもグイグイ読ませてくれるのでドラマになりそう。こういう シリーズ2作目。またツッコミどころが多く、今回は犯人も途中で検討がついてしまうのが気になるところ。でもやっぱり登場人物のキャラが面白く、ストーリーもグイグイ読ませてくれるのでドラマになりそう。こういうお話は気にせず楽しめればいいのだけれど。殺人があるので軽くって言うのもなんだけど軽く読めるお話しです。 …続きを読む
    mint☆
    2019年06月30日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品