知らない人を採ってはいけない 新しい世界基準「リファラル採用」の教科書

人材争奪戦時代を勝ち抜くなら、リファラル採用を学びなさい。

  • 著者 白潟 敏朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046041166
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

知らない人を採ってはいけない 新しい世界基準「リファラル採用」の教科書

人材争奪戦時代を勝ち抜くなら、リファラル採用を学びなさい。

  • 著者 白潟 敏朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046041166

人材争奪戦時代を勝ち抜くなら、リファラル採用を学びなさい。

社長、人事、マネージャーだけじゃない! 「いい人いない?」といわれている現場リーダーも必読の書。

リファラル採用のリファラルとは、英語の「referral」。依託、推薦、紹介を意味します。
リファラル採用を一言で言うと、「社内外の信頼できる人脈を介した、紹介・推薦による採用活動」。米国を中心に世界中の企業で採用の柱になりつつあります。
「何か横文字使ってるけど、それってオレが知ってる縁故採用じゃないの?」と思われた方、正解です。ただ、最初の接点は縁故採用に近いかもしれませんが、社員の紹介だからといって、無条件で入社できるのではなく、しっかり面接し採用の可否を決定します。つまり、広告媒体の代わり、紹介会社の営業マンの代わりが会社の社員になるということです。
ただ単に社員に知り合いの紹介をお願いするだけでは機能しません。そこにいくつかの仕組みやしかけを入れることによって、採用そのものが劇的に変わるのがこのリファラル採用です。(本書プロローグより抜粋)

リファラル採用は、真剣に取り組むことで7つものメリットを得ることができる。
1 採用コストを大幅に削減できる
2 社長と会社に合う人財を採用できる
3 入社後の社員の定着率が向上する
4 会社の魅力と課題を見える化できる
5 会社の魅力を継続的に向上できる(経営変革の実現)
6 幹部と社員が経営者目線をもつ(究極の人財育成)
7 みんなの心が1つになる

これらをすべて享受するためには、欲しい人材像の設定、人脈の棚卸し、運用ルールの設定、魅力の設定、課題の設定、中期経営計画策定、アピールブックの制作といった準備に始まり、継続的に成果をあげるための運用ルール設定も必要となる。そのすべてのコツと注意点をカラー図解で詳細に解説する。

もくじ

第1章 リファラル採用とは――進化した縁故採用のかたち
 リファラル採用のメリット・デメリット/米国の採用事情/リファラル採用のリスク/有名企業でなくても上手くいく
第2章 リファラル採用に成功するためには
 6つの成功条件と3つの前提条件/トップの本気度と率先垂範がカギ/持続的成功の3条件
第3章 リファラル採用の進め方
 欲しい人材像の設定/人脈の棚卸し時は必ず紙に書く/魅力と課題のあぶり出し/アピールブックのつくり方
第4章 リファラル採用の成功事例
 4社の実例、実際やってみて感じた利点と課題

トピックス

最近チェックした商品