後宮香妃物語 鳳凰の将軍と愛しき定め

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041077962

後宮香妃物語 鳳凰の将軍と愛しき定め

  • 著者 伊藤 たつき
  • イラスト カスカベ アキラ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041077962

凛莉、煌翔、我嵐――それぞれが己の恋と向きあい決断を迫られる

我嵐の告白と、姫たちが対立し荒れる麗華宮に、頭を悩ませる凛莉。そんな中、麗華宮が国事・雅香会を取り仕切ることに。煌翔のため会を成功させようと奔走する凛莉は、我嵐からある決意をしたと告げられて――!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「後宮香妃物語 鳳凰の将軍と愛しき定め」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第4弾、最新刊(とうとう既刊分読みきってしまったー泣)。著者あとがきにもある通り、色々な人の心が動いた巻!木蓮、我嵐の決意、九尾の狐の正体、凛莉の過去、秘宝香など、色々ガッと進んで嬉しい。え、 シリーズ第4弾、最新刊(とうとう既刊分読みきってしまったー泣)。著者あとがきにもある通り、色々な人の心が動いた巻!木蓮、我嵐の決意、九尾の狐の正体、凛莉の過去、秘宝香など、色々ガッと進んで嬉しい。え、彼って彼しかあり得ないでしょ?凛莉アホなの?と思ってたら、アホなのはわたしでした…笑 ちょっと怪しいと思っていたけどやっぱりそうかー!そして相変わらずの我嵐萌え。次巻の展開が楽しみ。あとちょっぴり「実は」の使い方が気になる… …続きを読む
    あっか
    2019年04月12日
    52人がナイス!しています
  • 大将軍・我嵐の告白に戸惑う凛莉を待っていたのは、妃たちが対立し荒れる麗華宮。その不和は諸外国の国賓も招く国事・雅香会の準備に絡み宮廷へも広がってゆく第四弾。闇香士団の扇動によって対立が激化する後宮、嵌 大将軍・我嵐の告白に戸惑う凛莉を待っていたのは、妃たちが対立し荒れる麗華宮。その不和は諸外国の国賓も招く国事・雅香会の準備に絡み宮廷へも広がってゆく第四弾。闇香士団の扇動によって対立が激化する後宮、嵌められて弾劾される宰相、混乱する中で進まない雅香会の準備。相変わらず危なっかしい凛莉の行動が流れを変えてゆく展開がいいのか悪いのか、何とも悩ましいところですね。意外な場所に潜んでいた黒幕の動きも気になるところですが、凛莉を妃に任命しておいて我嵐にどちらが射止めるか勝負とか言うのはありなんですか?煌翔(苦笑) …続きを読む
    よっち
    2019年04月18日
    26人がナイス!しています
  • 第四巻 “香の力で心の綾をとかす、中華後宮ストーリー”なんだ。雅香会の準備で皇太子の煌翔に、凛莉も奔走。しかし羽目外して危ういし、木蓮に附いてゆく決意もあったりで、よく分からない。それを知らないのか、 第四巻 “香の力で心の綾をとかす、中華後宮ストーリー”なんだ。雅香会の準備で皇太子の煌翔に、凛莉も奔走。しかし羽目外して危ういし、木蓮に附いてゆく決意もあったりで、よく分からない。それを知らないのか、煌翔が許しちゃってるのも不可解。それにしても、それほど魅力を感じない凛莉って、なんか不可解な香でも使ってるのか不思議な存在。我嵐と煌翔の恋の展開は如何に? …続きを読む
    Yuu I
    2019年09月16日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品