魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画(2)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049122657

魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画(2)

  • 著者 佐島 勤
  • イラスト 石田 可奈
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049122657

有希の許を訪れる暗殺者見習いの少女。落ちこぼれ魔法師!? それとも?

 西暦二〇九六年五月、榛有希が司波達也に敗北をしてから約二年の月日が流れた頃。彼女は黒羽文弥直轄の暗殺者として日々依頼される仕事をこなしていた。
 そんな中、有希の許に四葉家より“暗殺者見習いの少女”桜崎奈穂が派遣されてくる。自らのコンプレックスを鏡に映したような奈穂の幼気な容貌に辟易しつつも、二人の奇妙な共同生活が始まった。
 そして、新たなるターゲットが決まる。
 それは『人間主義』を掲げ、司波達也暗殺を目論むとある教団。奈穂は自らの能力を示すため独断専行を試みるが――。
 落ちこぼれ? それとも? 独自なフラッシュ・キャストを扱う奈穂の力とは!?

メディアミックス情報

NEWS

「魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画(2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読了。シリーズ第2弾という事で、あとがき曰く今回から本来の物語の開始とのこと。本編が終了したらこっちも終わらせるらしいので、ぜひ本編は大学編に突入してもらいたい。前巻は主人公である榛有希等主要キャラが 読了。シリーズ第2弾という事で、あとがき曰く今回から本来の物語の開始とのこと。本編が終了したらこっちも終わらせるらしいので、ぜひ本編は大学編に突入してもらいたい。前巻は主人公である榛有希等主要キャラが初登場だったので、メタ的に楽しませてもらいましたが、今回は物語的に楽しませてもらえて大満足。まだ登場人物も少なく視点移動が多くないので読みやすく分かり易い内容なのもあるかと。新キャラ、桜崎奈穂もこのシリーズには珍しい可愛い系のキャラ。有希との関係性も良く個人的にも大満足。あの挿絵は素晴らしい。→ …続きを読む
    銀の星
    2019年02月19日
    40人がナイス!しています
  • 榛有希が司波達也暗殺に失敗してから2年後、新たな暗殺者が放たれる番外編第2弾。お兄様を暗殺しようとして命を落とす新たな犠牲者がここに。お兄様は最強。さすおに要素は控えめで出番も少ないが、その少ない出番 榛有希が司波達也暗殺に失敗してから2年後、新たな暗殺者が放たれる番外編第2弾。お兄様を暗殺しようとして命を落とす新たな犠牲者がここに。お兄様は最強。さすおに要素は控えめで出番も少ないが、その少ない出番でも強烈な存在感を示すとは流石はお兄様。本編とは違ってシリアスなシーンでも割とコミカルに映ったりと、番外編ならではのゆるさ?が魅力的。意外とバトルシーンもよみごたえあるし、結構先が楽しみなシリーズなので本編共々続きを期待したい。 …続きを読む
    まりも
    2019年02月11日
    39人がナイス!しています
  • 榛有希が司波達也に敗北をしてから約二年の月日が流れた二〇九六年、黒羽文弥直轄の暗殺者として日々依頼される仕事をこなす彼女の元に、暗殺者見習いの少女・桜崎奈穂が派遣されてくる第二弾。普段は家政婦として生 榛有希が司波達也に敗北をしてから約二年の月日が流れた二〇九六年、黒羽文弥直轄の暗殺者として日々依頼される仕事をこなす彼女の元に、暗殺者見習いの少女・桜崎奈穂が派遣されてくる第二弾。普段は家政婦として生活指導をしてくる奈穂との生活と、『人間主義』を掲げ司波達也暗殺を目論むとある教団。達也に対するフォローなんていらないんじゃないかとも思いつつも、自らの持てる力を使って戦う有希と自分のありように自信を持ちたい菜穂の関係だったり、女装させられて複雑な文哉と亜夜子の姉弟関係だったり、これはこれで面白いシリーズです。 …続きを読む
    よっち
    2019年02月09日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品