東大教授が教えるヤバいマーケティング

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784046040602

東大教授が教えるヤバいマーケティング

  • 著者 阿部 誠
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784046040602

「それ、買わされたかも…」人をその気にさせるマーケティング手法を開陳!

いまや資本主義時代に欠かせないのがマーケティング。
単に市場動向を調査するだけにとどまらず、
いかに消費者の購買意欲を刺激するか、
最大限の利益を得るかを、実践されている。

本書は東京大学経済学部で実際に行なわれている授業をもとに、
行動心理学や認知心理学の面から数々のマーケティング論を分析・紹介。

「人をその気にさせる」マーケティング論を学べば、
単にモノを売るだけでなく会議の場や人を動かす際にも役に立つ!

もくじ

CHAPTER 1
人は非合理的に行動する生き物 ― かしこいマーケターはそこに目を付ける
・マクドナルドのメニューはなぜ見づらい?
・楽をするからつけこまれる ― ヒューリスティックとバイアス
・都合よく解釈して「分かったつもり」 ― 確証バイアス

CHAPTER 2
その商品、本当に必要? ― プロダクト
・知覚を惑わすおとり商品 ― フレーミング効果
・イケアが人気の理由 ― イケア効果
・「訳あり」商品に隠された本当の狙い ― 両面提示広告の罠
・成功する企画、失敗する企画 ― カテゴリー一貫性
ほか

CHAPTER 3
値付けに込められた意図 ― プライス
・普通に買うより安いセット商品は本当にお得?
・「返金保証」で実際に返金を求める? ― ネガティブ・オプション・プライシング
・お店のダメージを最小限に抑える値上げの仕方 ― 価値関数
・頭の中には複数の銀行口座が存在する ― 心理的勘定
ほか

CHAPTER 4
広告を見る目が変わる ― プロモーション
・なぜ同じ広告を何度も流すのか? ― 単純接触効果
・恐怖をあおる広告の裏事情 ― ネガティビティー・バイアス
・限定商品に惹かれるメカニズム
・おとり広告の罠 ― ローボーリング、ベイト&スイッチ
ほか

CHAPTER 5
そこで買ってもいいのか? ― プレイス
・価格競争を避けるための差別化 ― ブランデッド・バリアント(流通経路専用モデル)
・嫌われる営業マンの作法 ― 心理的リアクタンス
・ステルス・マーケティングに要注意! ― ハーディング現象
・ソーシャルゲームにはまる人が続出するこれだけの理由
ほか

CHAPTER 6
消費者に見られる心理 ― コンシューマー
・気分がいいときや空腹時は買い物ダメ!
・まとめサイトには要注意
・サブウェイがいま一つブレークしない理由
・タイムプレッシャーが先送りを減らす
ほか

CHAPTER 7
売り手側の事情 ― コンペティター
・「最低価格保証」は本当にお得で安心?
・あなたは現金値引き派? それともポイント付与派?
・新規事業に参入すべきか、否かの分かれ目
ほか

CHAPTER 8
企業が知っておくべきこと ― カンパニー
・ペプシとコカ・コーラ、どちらがうまい?
・グループインタビューの落し穴 ― 集団における覚知の限界
・大体、失敗に終わる企業合併と買収 ― M&Aにおける「勝者の呪い」
・「成功の法則」は妄想 ― ビジネス書にだまされるな!
ほか

●マーケティング関連用語集


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

この著者の商品

最近チェックした商品