試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044004422

フェルメール 作品と生涯

  • 著者 小林 頼子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044004422

全絵画作品をカラーで掲載。魔術的な光と空間の秘密に迫る決定版

17世紀オランダで活躍したフェルメール。宗教画や神話画から転向し、勃興したばかりの市民階級が求める風俗画の制作へと乗り出した画家は、《牛乳を注ぐ女》《真珠の耳飾りの少女》といった名作を手がけていく。現実のようでいて現実でない魔術的な光と空間の描写は、いかにして生まれたのか。全作品をカラーで収録し、その真筆性をめぐる議論とともに、様式論を一冊に凝縮。政治や絵画市場などの背景に迫る補論を付した増補版。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「フェルメール 作品と生涯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「一九九八年に八坂書房より刊行した『フェルメール論 神話解体の試み』から、主として作品分析にかかわる部分を抽出し、加筆・訂正・削除を施し、さらに第一章として、画家の生涯を簡単に概観した新原稿を書きおろ 「一九九八年に八坂書房より刊行した『フェルメール論 神話解体の試み』から、主として作品分析にかかわる部分を抽出し、加筆・訂正・削除を施し、さらに第一章として、画家の生涯を簡単に概観した新原稿を書きおろして編まれた」一冊。展覧会や旅のお供にするのにも便利なようにコンパクトながらフェルメール作品はカラーで収録されています。小林さんが真作と考える作品に対しても容赦なくダメ出ししている点には好感を持ちました。フェルメール作品だってすべてが名作ではないのよ。[2020-060] …続きを読む
    17
    2020年05月15日
    61人がナイス!しています
  • うんちくは嫌いだけれど、お酒、クラシック、絵画、何でもそうですが、それなりに背景を知らないと楽しめない瞬間って時があります。多分、展覧会をやっている今は、そんな時。先日読んだ本からフェルメール本、2冊 うんちくは嫌いだけれど、お酒、クラシック、絵画、何でもそうですが、それなりに背景を知らないと楽しめない瞬間って時があります。多分、展覧会をやっている今は、そんな時。先日読んだ本からフェルメール本、2冊目。最近の科学技術の進歩に伴い、非破壊分析と破壊分析の組み合わせで、今後も、色々と新たな知見も出てくるんだろうと思います。写真もない時代、見る人に違和感を持たせないような工夫・トリック・技法?を使っているのだということがよく理解できました。 …続きを読む
    zoe
    2018年11月18日
    28人がナイス!しています
  • 大好きなフェルメール。先月末 フェルメール展に行ってきました。そして しっかり浸ってきました。“光” “空間” “ブルー” 本当に素敵でした。写真集で見るのとは大違い、やはり直接の衝撃は凄い… 大好きなフェルメール。先月末 フェルメール展に行ってきました。そして しっかり浸ってきました。“光” “空間” “ブルー” 本当に素敵でした。写真集で見るのとは大違い、やはり直接の衝撃は凄い…
    こみゅあ
    2018年11月21日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品