考える脚 北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと

考える脚 北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年03月27日
商品形態:
電子書籍

考える脚 北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと

  • 著者 荻田 泰永
発売日:
2019年03月27日
商品形態:
電子書籍

北極冒険家が綴る、極上ノンフィクション!

TBS「クレイジージャーニー」などで大注目の北極冒険家・荻田泰永。
北極点無補給単独徒歩の挑戦や南極点無補給単独徒歩到達など「三大冒険録」を通じて、
自由の本質、さらにはリスクマネジメントや資金調達といった冒険の“リアル”を伝える。


<目次>
■序
■第1章 冒険と無謀の狭間  ‐北極点無補給単独徒歩の挑戦(二〇一四年)
■第2章 未知への憧れ  ‐カナダ~グリーンランド単独行(二〇一六年)
■第3章 資金の壁  ‐南極点無補給単独徒歩(二〇一七~二〇一八年)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「考える脚 北極冒険家が考える、リスクとカネと歩くこと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 極地を単独、無補給で、しかも徒歩のみで行くという冒険家荻田氏。北極点、グリーランド、南極点への冒険の記録。意外なことに彼にとっては北極は南極よりも30倍も難しいという。しっかりとした大地がある南極に比 極地を単独、無補給で、しかも徒歩のみで行くという冒険家荻田氏。北極点、グリーランド、南極点への冒険の記録。意外なことに彼にとっては北極は南極よりも30倍も難しいという。しっかりとした大地がある南極に比べて、揺れ動く海氷、立ち塞がる乱氷、転落事故、ホッキョクグマの襲来などの危険要素が多いという。ピアリーが初めて北極点に到達した時と比べて地球温暖化の影響がこんなところにも現れているのかと思った。★★★★ …続きを読む
    サンダーバード@読メ野鳥の会怪鳥
    2020年01月27日
    81人がナイス!しています
  • 角幡唯介氏の『アグルーカの行方』で北極圏を共に歩いた冒険家の荻田泰永氏の自叙伝。 大学を中退、根拠のない自信を消化するために北極探検を始めて南極点への単独徒歩到達を果たすまで。 揺れ動く海氷、乱氷帯、 角幡唯介氏の『アグルーカの行方』で北極圏を共に歩いた冒険家の荻田泰永氏の自叙伝。 大学を中退、根拠のない自信を消化するために北極探検を始めて南極点への単独徒歩到達を果たすまで。 揺れ動く海氷、乱氷帯、ホッキョクグマに悩まされた北極に比べると、南極は天候や地形を予測できる点で遥かに易しかったとします。 未知の要素に溢れていたものを経験や技術によって「捉えた」と思える繰り返しが成長。目的とは正しいと信じる過程のなかに自分の意思で身を置いていること。やりたいことに出会うことの気高さ、尊さが伝わってくる一冊です。 …続きを読む
    hatayan
    2019年04月10日
    26人がナイス!しています
  • 3つの極地遠征とともに語られる、荻田さんが冒険家であり冒険を続ける理由。カッコいいフレーズがたくさんある。それは冒険家にしか当てはまらないことじゃない。向かうべき方向、辿り着く過程、どんな職業だって本 3つの極地遠征とともに語られる、荻田さんが冒険家であり冒険を続ける理由。カッコいいフレーズがたくさんある。それは冒険家にしか当てはまらないことじゃない。向かうべき方向、辿り着く過程、どんな職業だって本質は同じ。やれること、やりたいこと、やるべきことが一致する幸福感を誰だって求めたい。目的に向かって進み、自分のために戦えるのか。それが大事なことだ。遠征記録としては、一章の北極圏単独無補給徒歩が、特に臨場感があり読み応えがあった。 …続きを読む
    taku
    2019年09月07日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品