総監特命 下 彷徨う警官 3

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041075425

総監特命 下 彷徨う警官 3

  • 著者 森 詠
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041075425

25年前の新聞社襲撃事件の背後には、驚くべき真相が隠されていた――。

新聞社襲撃事件を調べていたジャーナリストの石丸が殺されていたことが発覚。彼は、実行犯の黒幕に迫ろうとしていた。また、事件を追う特命捜査室の北郷は、背後に原子力複合体が控えていると知り――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「総監特命 下 彷徨う警官 3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • テロからここまで話が広がるとは‼︎ 広がり過ぎてどうやって最後を締めるのだろうと 段々読んでいて不安になった。 日本がアメリカのいいなりってのは分かるけど、 そこまでとは...フィクションと言いつつ、 テロからここまで話が広がるとは‼︎ 広がり過ぎてどうやって最後を締めるのだろうと 段々読んでいて不安になった。 日本がアメリカのいいなりってのは分かるけど、 そこまでとは...フィクションと言いつつ、 結構リアルな話なんだろうなぁと。 日本はずっとこのままなのかなぁ。 …続きを読む
    JILLmama
    2019年11月15日
    31人がナイス!しています
  • 上巻より。捜査で浮かぶ関係者の多くが不審死。特01号事案の陰に《原発複合体》《日米合同委員会》《日米原子力運営委員会》の影。警察にもモグラ、黒幕の後に黒幕、国際法律事務所を隠れ蓑にFBIやらCIA、外 上巻より。捜査で浮かぶ関係者の多くが不審死。特01号事案の陰に《原発複合体》《日米合同委員会》《日米原子力運営委員会》の影。警察にもモグラ、黒幕の後に黒幕、国際法律事務所を隠れ蓑にFBIやらCIA、外事公安・原子力マフィアやらが複雑に絡む。殺された石崎の愛犬・アイリーンを北郷が引き取り、殺し屋に狙われた北郷をアイリーンが助ける。官邸が握りつぶそうとした捜査報告書、北郷の起死回生の逆転ホームラン。登場人物多し、複雑な人間関係、メモをとりながら読了。苦労して読んだが、最後にぴったりと話が収まる。お薦めの小説。 …続きを読む
    ゆりのき
    2018年12月30日
    12人がナイス!しています
  • 感想は一言、そうなるよね。スケールを大きくして、アメリカが絡んだら、公にはしないというのは想定内。後半は、失速気味になり、もやっと終わった。それよりも、この本、誤植が多い。上下巻で、主人公をはじめ、登 感想は一言、そうなるよね。スケールを大きくして、アメリカが絡んだら、公にはしないというのは想定内。後半は、失速気味になり、もやっと終わった。それよりも、この本、誤植が多い。上下巻で、主人公をはじめ、登場人物の名前の読み仮名が数人異なっている。また、明らかにそのシーンにいるのは海道なのに、途中から北郷の名前になっていたり。校閲は入ってるのかな? …続きを読む
    シアン
    2018年12月26日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品