民主主義 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年10月24日
商品形態:
電子書籍

民主主義

  • 著作 文部省
発売日:
2018年10月24日
商品形態:
電子書籍

「民主主義のほんとうの意味を知っている人がどれだけあるだろうか」

戦後、文部省は中高生向けに一冊の教科書を刊行した。民主主義の真の理念と歴史、実現への道のりを、未来を託す少年少女へ希望と切望を持って説く本書は今こそ読まれるべき名著である。完全版を初文庫化!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「民主主義」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 感嘆!戦後直後に描かれたこの本が、国家、文部省によって書かれ一個人の著作ではないことにまずは驚く。教科書なのである。教科書だから淡々と平易な文章だから読みやすくぐいぐい読める。しかも細かな時代背景は抜 感嘆!戦後直後に描かれたこの本が、国家、文部省によって書かれ一個人の著作ではないことにまずは驚く。教科書なのである。教科書だから淡々と平易な文章だから読みやすくぐいぐい読める。しかも細かな時代背景は抜きにして概ね、現代の私たち心得るべき内容がきっちり書かれている。お勧め! …続きを読む
    てつ
    2018年11月11日
    49人がナイス!しています
  • 1948年に文部省が編纂した民主主義の教科書。 GHQの検閲があったことを考えると、国連における常任理事国の拒否権問題などに言及しており、当時の編纂担当者が、かなり頑張った形跡がうかがえます。 読みや 1948年に文部省が編纂した民主主義の教科書。 GHQの検閲があったことを考えると、国連における常任理事国の拒否権問題などに言及しており、当時の編纂担当者が、かなり頑張った形跡がうかがえます。 読みやすく書かれており、民主主義の理想、原則への理解は深まります。 憲法についても触れられており、当時としての憲法へのスタンスが分ります。 文科省の現在の状況を見ると、現在の世界情勢を踏まえた上での「民主主義の教科書」の編纂は期待できないのかなぁ。 今こそ、必要だと思うんだけど。 …続きを読む
    つっちー
    2019年08月11日
    12人がナイス!しています
  • 民主主義は終戦により突然現れた。その為昭和23年に文部省が中高生向けに作成した民主主義の教科書の復刻本。昭和28年頃まで使われた。憲法を学ぶと、憲法の目的は「個人の尊厳」であり、「民主主義」はその手段 民主主義は終戦により突然現れた。その為昭和23年に文部省が中高生向けに作成した民主主義の教科書の復刻本。昭和28年頃まで使われた。憲法を学ぶと、憲法の目的は「個人の尊厳」であり、「民主主義」はその手段に過ぎないことがわかる。また多数決は常に多数者による少数者の人権侵害の危険がある。だから違憲立法審査権があり、少数者の人権を保護するシステムになっている。だが中高生には憲法学は難しすぎるので、「民主主義」を単なる多数決主義ではなく、民主主義を正しく機能させる制度・権利等を含めた広義の概念で捉えて説明している。 …続きを読む
    Hiroshi
    2019年01月14日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品