角川文庫

イリュージョン 最終版

ヒューマン・サスペンス感動作の傑作を大幅改稿した「最終版」誕生!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041075173
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

イリュージョン 最終版

ヒューマン・サスペンス感動作の傑作を大幅改稿した「最終版」誕生!

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041075173

ヒューマン・サスペンス感動作の傑作を大幅改稿した「最終版」誕生!

青年ながらもどんな手口も見破ると話題の“万引きGメン”椎橋彬。だが、彬にはもう一つの悪魔的な顔があった。マジックの知識を利用して周囲や防犯カメラを欺き大胆不敵な犯罪を繰り返していたのだ――。刑事・舛城と天才マジック少女・里見沙希が捜査を開始。見えてきたのは彬の見事な手口と、暗い過去だった……。彬vs沙希、マジシャン同士の究極の頭脳戦の行方は!? 知的エンターテインメントの“最終版”!「マジシャン第2幕」を大幅改稿した「最終版」誕生!

もくじ

里見沙希の人生を辿ると、同世代の若者たちに比べて恵まれない少女時代を送ってきたことがわかる。幼い頃に両親を失い、養父の後見はあったものの児童養護施設で育った。そして、孤独のうちにマジックに光明を見いだした。そう、里見沙希もまた、椎橋彬と同様、周囲の大人たちへの不信感を持って育ったマジシャンなのだ。それだけに『イリュージョン』のクライマックスで、二人の人生が交差するシーンは感動的なものになっている。
タカザワケンジ(書評家)(解説より)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「イリュージョン 最終版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前回の『マジシャン』に続き、これも表装で損をしている感が。でも内容は面白かった。これを紹介してくれた読友に深謝。本作は社会と大人に対する挑戦、復讐かな…。社会に不適合な両親のもとを15歳で離れ、手先の 前回の『マジシャン』に続き、これも表装で損をしている感が。でも内容は面白かった。これを紹介してくれた読友に深謝。本作は社会と大人に対する挑戦、復讐かな…。社会に不適合な両親のもとを15歳で離れ、手先の器用さを武器に1人で生きる少年、彬。タネがあるのは分かっていても興味を惹かれる手品を武器に成長していくというのが♡。2冊、堪能させていただきました。どちらか選ぶなら『イリュージョン』の方が好きだったかな。次は大人の世界、『迅雷』へ。 …続きを読む
    まるけん
    2018年11月12日
    120人がナイス!しています
  • マジシャンの続編。不遇な少年が主人公。マジックを駆使して人を欺き、偽りの名声を得て、来るべき崩壊に直面していく物語。名声を得るまでの展開は少々無理っぽい。終盤、少年とマジシャン少女、ベテラン刑事とのや マジシャンの続編。不遇な少年が主人公。マジックを駆使して人を欺き、偽りの名声を得て、来るべき崩壊に直面していく物語。名声を得るまでの展開は少々無理っぽい。終盤、少年とマジシャン少女、ベテラン刑事とのやり取りは興味深く、少年の心が癒されていく。読後感は温かい。 …続きを読む
    トシナリ
    2018年10月20日
    25人がナイス!しています
  • 今ひとつのりきれなかった。椎橋彬、正直うざいというか、受け入れられないキャラ。小説の主人公にしては、ちょっとリアルな思考な設定のせいだろうww 東野作品の時生の主人公を思い出すくらいの嫌悪感だったw 今ひとつのりきれなかった。椎橋彬、正直うざいというか、受け入れられないキャラ。小説の主人公にしては、ちょっとリアルな思考な設定のせいだろうww 東野作品の時生の主人公を思い出すくらいの嫌悪感だったw マジシャンと違い、早くコイツ失敗しないかなとおもいながら読んだ。そういう意味では、先の展開が気になったということで、引き込まれたのかな。ぶっちゃけ独学でここまでできる?!という疑問はあるが、まぁいいかw …続きを読む
    どんちん
    2019年04月26日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品