ただいま、ふたりの宝石箱

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041074251

ただいま、ふたりの宝石箱

  • 作 あさば みゆき
  • カバーイラスト ゆき林檎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041074251

ホイールを回そう。もう一度、私が輝くために。心を潤す、癒しと恋の物語。

仮面をかぶったまま仕事をこなし、<期待の逸材(ホープダイヤ)>と呼ばれていた涼子。
ある日ぷつんと切れてしまった糸に気づき退職してから、譲り受けた古民家で日がな趣味のアクセサリーづくりをして暮らしていた。
そんな家に店子として住むことになったのは、宝飾職人の「希美」さん。
趣味も合うと楽しみにしていた涼子だったが、やってきたのは優しげな雰囲気のきれいな顔をした男性で――? 
心を潤す、あたたかな再生の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ただいま、ふたりの宝石箱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こんなに人間関係がすらっと解決できるといいな。夢を見せてくれる作品。恋愛部分はドキドキしました。 こんなに人間関係がすらっと解決できるといいな。夢を見せてくれる作品。恋愛部分はドキドキしました。
    佐島楓@勉強中
    2019年01月29日
    56人がナイス!しています
  • きらきらな恋愛小説ですねえ。ハードワークウーマンだった涼子がある事件がきっかけで仕事をやめて、相続した西新宿の一軒家暮らし。収入の足しにと店子に紹介された人は、女性と思い込んでいたら男性希実さんでした きらきらな恋愛小説ですねえ。ハードワークウーマンだった涼子がある事件がきっかけで仕事をやめて、相続した西新宿の一軒家暮らし。収入の足しにと店子に紹介された人は、女性と思い込んでいたら男性希実さんでした。アクセサリー制作好きな涼子とジュエリー作家の希実さんがジワジワと近くなっていく様子は、あまりに臆病すぎてハードワークウーマンだったとは思えません。その臆病さは涼子の生い立ちゆえの壁。想いを寄せていた叔父、母との確執、テレビドラマを見ているようでした。ラストへの急展開は急すぎですが、恋愛ストーリー楽しめました …続きを読む
    じょんじょん
    2019年11月13日
    54人がナイス!しています
  • 仮面を被った仕事ぶりに限界が来て退職し、譲り受けた古民家で趣味のアクセサリーづくりをして暮らす涼子。そんな家に店子として宝飾職人「希美」さん住むことになるあたたかな再生の物語。趣味も合い配慮が行き届い 仮面を被った仕事ぶりに限界が来て退職し、譲り受けた古民家で趣味のアクセサリーづくりをして暮らす涼子。そんな家に店子として宝飾職人「希美」さん住むことになるあたたかな再生の物語。趣味も合い配慮が行き届いていて、欲しい時に欲しい言葉をくれる希美に惹かれていく涼子。一方で未だに引きずる複雑な過去の想いや、容易に解けない呪いから素直に心を開けない状況にもどかしくもなりましたが、そんな彼女を尊重しつつ粘り強く向き合って、様々な過去のわだかまりを解きほぐすのを手伝ってくれた彼に出会えてほんとに良かったなと思えました。 …続きを読む
    よっち
    2019年02月13日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品