角川新書

未来を生きるスキル

雇用、教育、家族……変化が読めない未来を生き抜くために必要なスキルとは

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784040822709
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

未来を生きるスキル

雇用、教育、家族……変化が読めない未来を生き抜くために必要なスキルとは

  • 著者 鈴木 謙介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784040822709

雇用、教育、家族……変化が読めない未来を生き抜くために必要なスキルとは

「社会の変化は感じるが、じゃあどう対応したらいいのか?」どうしようもない不安や不遇感に苛まれている人たちへ。本書は今、伝える「希望論」であり、どのように未来に向かえばいいのかを示す1冊である。


【目次】
はじめに

第1章 オンリーワンよりONE PIECE 【仕事・働き方】
 第1節 「AIによって仕事がなくなる」は大袈裟だ
 第2節 コストカットではなく付加価値を
 第3節 「協働」が社会に新しい仕事と幸福をもたらす

第2章 「選ぶ人」から「選ばれる人」へ 【お金・自己投資】
 第1節 自己投資とは学び続ける人
 第2節 自分のお金は自分で作る
 第3節 多様な人びとと協働する場を作る

第3章 「問いの発見力」を鍛えよう 【育児・教育】
 第1節 学歴はやっぱり大切だ
 第2節 「学んだ内容」よりも「学んだ姿勢」
 第3節 課題解決の方法はひとつじゃない

第4章 お金か人の輪か 【地域・コミュニティ】
 第1節 生活圏の商品化がもたらしたもの
 第2節 お金では買えないつながりを作る
 第3節 「ジモト」という特別な場所

第5章 人に残された最後の問題 【家族・愛・絆】
 第1節 のび太くん家はマイノリティ
 第2節 家族という協働プロジェクト
 第3節 愛がある場所

メディアミックス情報

NEWS

「未来を生きるスキル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 語りおろしの本であり、直前に読んだ新書『ふたつの日本』と対照的に全く図表データが登場せず、本当に語りかけられているような気分で読み終えることができる。個々の事例の引っ張り方、論点の提示の仕方は万人向け 語りおろしの本であり、直前に読んだ新書『ふたつの日本』と対照的に全く図表データが登場せず、本当に語りかけられているような気分で読み終えることができる。個々の事例の引っ張り方、論点の提示の仕方は万人向けに提示されているわけではなく、サザエさんやちびまる子ちゃんを事例に家族を論じるのはもう古いと分かっているのに敢えてその話を持ち出し、そうすることで過去と現在の傾向の違いをバネに、未来に向けての提言を行う。表紙半分を占める著者の写真をジャケ避けする人にほど届くことを望んでやまない、そういうパッケージの本な気が。 …続きを読む
    ぷほは
    2019年05月17日
    2人がナイス!しています
  • 「当たり前」が融解していく時代の実践的情況/主体論。チャーリーの単著としては6年ぶりだ。この6年で本当に「社会」で色々なことが起きた。「沈黙」を強いてくるこの時代でチャーリーは同作でベタな、しかし実直 「当たり前」が融解していく時代の実践的情況/主体論。チャーリーの単著としては6年ぶりだ。この6年で本当に「社会」で色々なことが起きた。「沈黙」を強いてくるこの時代でチャーリーは同作でベタな、しかし実直な応答を行なった。このタイプの新書の「語り」には中々見られない「近さ」がある、といえばいいだろうか。この「近さ」が彼の言論の好きなところだ… …続きを読む
    ダイナマイト石原
    2019年05月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品