日本型組織の病を考える 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年08月10日
商品形態:
電子書籍

日本型組織の病を考える

  • 著者 村木 厚子
発売日:
2018年08月10日
商品形態:
電子書籍

公文書改竄、セクハラ、日大アメフト事件……繰り返す不祥事の本質とは?

公文書改竄、セクハラ、日大アメフト事件……繰り返す不祥事の本質とは? 冤罪のち厚生労働事務次官までを務めたからこそわかった「日本型組織の病」とは何か。硬直化を打破する「静かなる改革」までを語り尽くす。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「日本型組織の病を考える」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 育児休業制度が無かった頃の子育ての話、セクハラ、介護、福祉、自殺、生活困窮者対策と、今に繋がる厚生労働業務をされてきた、長き公務員人生の話は大変興味深かったです。その終盤で起こった事件。逮捕、冤罪、無 育児休業制度が無かった頃の子育ての話、セクハラ、介護、福祉、自殺、生活困窮者対策と、今に繋がる厚生労働業務をされてきた、長き公務員人生の話は大変興味深かったです。その終盤で起こった事件。逮捕、冤罪、無罪!検察の問題、勾留期間の話、著者のお人柄、出会った方への感謝の心。 そして、本を読むことが好きなんですね。勾留中、差し入れられた150冊の本を読んだそうです。推理小説がお好きなようです。 退官後もご活躍されております。 …続きを読む
    やすらぎ
    2020年11月07日
    102人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 検察による冤罪で逮捕され、その後、官僚トップを務めた著者が半生を振り返る。日本型組織の問題にも触れられているものの、それは一部であり、表題が少しミスリードな感じがする。著者が本書で明かす冤 ★★★☆☆ 検察による冤罪で逮捕され、その後、官僚トップを務めた著者が半生を振り返る。日本型組織の問題にも触れられているものの、それは一部であり、表題が少しミスリードな感じがする。著者が本書で明かす冤罪事件の経緯を読むと、歯止めの利かない検察組織に一般人が対抗するのはほぼ不可能と思えた。このような不祥事に対し、個人を責めるのではなく、組織として対策することを常に考えて行動されてきた著者には頭が下がる。 …続きを読む
    ハッシー
    2019年03月08日
    98人がナイス!しています
  • 著者経歴:大卒後、キャリア組として厚生労働省に従事、2009年に大阪地検特捜部によって逮捕⇒1年3カ月後に無罪判決を受け、「復職」して、最終役職で官僚トップの厚生労働事務次官まで務めた仕事人。 内容: 著者経歴:大卒後、キャリア組として厚生労働省に従事、2009年に大阪地検特捜部によって逮捕⇒1年3カ月後に無罪判決を受け、「復職」して、最終役職で官僚トップの厚生労働事務次官まで務めた仕事人。 内容:検察の不祥事で冤罪逮捕された自身の経験から「日本型組織の病」を考える。 感想:他のレビューでも多くありますが、8割がた村木氏の体験談を綴ったエッセイ本なので、新書によくあるタイトル詐欺感な所もある。 それが気にならなくなるほど、稀有な経験とそこからの活動には非常に刺激になった。 …続きを読む
    なかしー
    2022年01月07日
    90人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品