富士見L文庫

特命! 窓際のジムセン 貴殿に「東京事務センター」への配属を命ずる。

窓際部署「ジムセン」――社内の雑用から揉め事まで、すべて解決します!?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040728599
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

特命! 窓際のジムセン 貴殿に「東京事務センター」への配属を命ずる。

窓際部署「ジムセン」――社内の雑用から揉め事まで、すべて解決します!?

  • 著者 古木 和真
  • イラスト モリエ サトシ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040728599

窓際部署「ジムセン」――社内の雑用から揉め事まで、すべて解決します!?

窓際部署と名高い東京事務センター、通称「ジムセン」に飛ばされた泉直人。初日の仕事はアンケート集計という雑用で、社内の不平不満だらけの回答に辟易していたら――突然課長の霧崎が「特命だ!」と言い出して!?

メディアミックス情報

NEWS

「特命! 窓際のジムセン 貴殿に「東京事務センター」への配属を命ずる。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公が左遷された先の配属部署のやる仕事が面白いと感じました。正直、羨ましい限りです。個性的なメンバーの中でも、やはり主人公の言葉が、印象を強く感じました。良いお仕事小説でした。 主人公が左遷された先の配属部署のやる仕事が面白いと感じました。正直、羨ましい限りです。個性的なメンバーの中でも、やはり主人公の言葉が、印象を強く感じました。良いお仕事小説でした。
    凍矢
    2018年09月05日
    5人がナイス!しています
  • 主人公は、城東銀行の東京事務センターへ配属された泉直人。同僚との交わりの中で、主人公が成長していく姿が清々しい。読後感の爽やかな物語だった。 主人公は、城東銀行の東京事務センターへ配属された泉直人。同僚との交わりの中で、主人公が成長していく姿が清々しい。読後感の爽やかな物語だった。
    エレーナ
    2018年09月22日
    4人がナイス!しています
  • 中々に面白かった。/内容はよくあるテンプレ、勧善懲悪のお仕事小説だけど、キャラも個性豊かで、主人公も最初の落胆から立ち直って前向きに仕事を頑張る姿が好感を持てる。/余談だが、表紙のイラストに少し不満。 中々に面白かった。/内容はよくあるテンプレ、勧善懲悪のお仕事小説だけど、キャラも個性豊かで、主人公も最初の落胆から立ち直って前向きに仕事を頑張る姿が好感を持てる。/余談だが、表紙のイラストに少し不満。瀬名司はイケメンという設定とイメージが違う。それと白河七海がいない。この二点。 …続きを読む
    熱東風(あちこち)
    2018年09月18日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品