角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも

角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年10月15日
商品形態:
電子書籍

角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも

  • 著 歌川 たいじ
  • 絵 ののはらけい
発売日:
2018年10月15日
商品形態:
電子書籍

お母さんの暴力にも、教室のイジメにも負けず、幸せをつかんだ少年の実話!

ぼくの家は、下町の工場だ。
ぼくはそこで働くみんなに、かわいがられて育った。
でも、ある日、ぼくは遠くの児童保護施設に
あずけられてしまった。
さびしい1年間を我慢して、やっと家に帰ってこられたけど
それからの暮らしは、地獄みたいで…。
ぼくはもう、ここにはいたくない。
家を出て、大好きな人を、ほんとうの居場所を見つけたい。
自分の力で、幸せになるんだ――!
親から愛されなかった少年が
苦難にめげず、幸せをつかむまでの、感動の実話。【小学中級から ★★】

メディアミックス情報

NEWS

「角川つばさ文庫版 母さんがどんなに僕を嫌いでも」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者の体験記。映画化もされたようです、仲野太賀と吉田羊、なんかピッタリなような気がします。2階の窓から逆さ吊りにする父に、暴力を振るう母、姉には暴力を振るわないのに自分だけが振るわれる、そして学校でも 著者の体験記。映画化もされたようです、仲野太賀と吉田羊、なんかピッタリなような気がします。2階の窓から逆さ吊りにする父に、暴力を振るう母、姉には暴力を振るわないのに自分だけが振るわれる、そして学校でもいじめられる、辛いねぇ。子供の頃は、ばあちゃん(父親の工場で働く女性)や工場で働く人たちが救いで、大人になってからは、キミツやかなちゃんや大将など友達の存在も大きい。ラストのお母ちゃんとの話は涙です。たいじさん、がんばったね。 …続きを読む
    山口
    2020年11月08日
    21人がナイス!しています
  • 壮絶な虐待のシーンの映画の予告を見て早速図書館で借りました。著者の実話。お母さんからの言葉「ありがとう。あんたがいてよかった」で涙腺崩壊です。学校の教材にして欲しい一冊。 壮絶な虐待のシーンの映画の予告を見て早速図書館で借りました。著者の実話。お母さんからの言葉「ありがとう。あんたがいてよかった」で涙腺崩壊です。学校の教材にして欲しい一冊。
    ゆきこっち
    2018年11月18日
    17人がナイス!しています
  • 児童書だったので、残酷な表現はなかったが子供心の哀しみは充分に伝わる。著者の子供の頃の実体験が楽しかったことより、このような辛いことが多いのが不幸なことだ。 児童書だったので、残酷な表現はなかったが子供心の哀しみは充分に伝わる。著者の子供の頃の実体験が楽しかったことより、このような辛いことが多いのが不幸なことだ。
    かもめ
    2020年12月04日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品