試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041070864

未来のミライ

  • 著者 細田 守
  • イラストレーター U35
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041070864

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

甘えん坊のくんちゃんは生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われます。そんなある日、未来からきた妹ミライちゃんと出会い、時をこえた冒険へ。細田守監督書き下ろし原作小説がイラスト満載スニーカー文庫版でも登場

メディアミックス情報

NEWS

「未来のミライ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画を観て読んだが、中々感動した。子供の世界なのかあの木が起こしているのか謎は多いが、ひとりの人物から色んな歴史が繋がっているんだなぁとしみじみ思う。 映画を観て読んだが、中々感動した。子供の世界なのかあの木が起こしているのか謎は多いが、ひとりの人物から色んな歴史が繋がっているんだなぁとしみじみ思う。
    mitei
    2018年08月05日
    312人がナイス!しています
  • 映画の予告と随分印象が違うな。もっと未来のミライちゃんが活躍するのかと思っていたのに。くんちゃんは結構ワガママな男の子。昔ならそう思うだけだったけど、歳をとったからか幼い子供ってそんなもんなんだろうな 映画の予告と随分印象が違うな。もっと未来のミライちゃんが活躍するのかと思っていたのに。くんちゃんは結構ワガママな男の子。昔ならそう思うだけだったけど、歳をとったからか幼い子供ってそんなもんなんだろうなと感じる様に。不思議な体験をしながら成長する過程が描かれていたが、ファンタジー部分が弱く他の作品と比べるとイマイチな気がした。昔の横浜の雰囲気は近くに住んでいるので好き。ひいじいじの描写はどちらもよかった。 …続きを読む
    END
    2018年07月12日
    8人がナイス!しています
  • 現在映画公開中、細田守監督の最新作の原作となるこの物語。突然現れた弟妹に愛情を奪われるという、弟妹がいる方が体験した事あるかもな体験を引き金に、幾多の時間軸の中を駆け回り、自分へと繋がる幾多の偶然を目 現在映画公開中、細田守監督の最新作の原作となるこの物語。突然現れた弟妹に愛情を奪われるという、弟妹がいる方が体験した事あるかもな体験を引き金に、幾多の時間軸の中を駆け回り、自分へと繋がる幾多の偶然を目撃し、未来を垣間見る。そんな不思議な経験の中、沢山の事を吸収し少年が成長していき妹と家族になっていく物語である。今、この時間は幾多の偶然の積み重ねの上に。だが一つでも欠けていれば未来は変わり、今の時間は変わりゆく。あの未来に繋がる今、家族と一緒に歩き出す。今はいつか昔になるから。 ☆☆☆。うん、面白かった。 …続きを読む
    真白優樹
    2018年07月03日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品