いづれ神話の放課後戦争〈ラグナロク〉10 ―魔眼の王と天焦愛唄―

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784040727318

いづれ神話の放課後戦争〈ラグナロク〉10 ―魔眼の王と天焦愛唄―

  • 著者 なめこ印
  • イラスト よう太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784040727318

復讐か? 救済か? 神々とのラストバトル!!

大聖女のみせた世界は平穏で優しい理想の日常だった。しかし、バロールの声が雷火を奮い立たせる。数多の試練を勝ち抜いた雷火の選択は? 人類と神々、兄と妹、勝利を手にするのはどちらか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いづれ神話の放課後戦争〈ラグナロク〉10 ―魔眼の王と天焦愛唄―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大聖女に理想の優しい世界の幻想を見せられる中、再び目覚めた雷火の最後の戦いが始まる今巻。―――汝が選ぶ未来は、優しい救済か、茨の贖罪か。 古の神々、教会、そして雷火達に天華達。幾多の軍勢の入り乱れる最 大聖女に理想の優しい世界の幻想を見せられる中、再び目覚めた雷火の最後の戦いが始まる今巻。―――汝が選ぶ未来は、優しい救済か、茨の贖罪か。 古の神々、教会、そして雷火達に天華達。幾多の軍勢の入り乱れる最後の決戦が幕を開け、幾多の命は散華し、文字通り死力を尽くして戦う決戦の戦場。正に総決算にして終わりと新たな始まりを告げる巻であり、最後として全てを出し切るかのように熱く、雷火が選んだ未来が切なくも一抹の輝きを持つ巻である。戦いの先、悠久の時を経て向き合う二人に祝福がありますように。 うん、最高に面白かった。 …続きを読む
    真白優樹
    2018年09月29日
    7人がナイス!しています
  • 完結。表紙のシャロ先輩がどうなってしまうのか気になってしまった。紆余曲折あったが、この終わり方で良かったのではないだろうか。もうちょっとエピローグが長ければ良かったかな。次回作もよう太先生とのコンビの 完結。表紙のシャロ先輩がどうなってしまうのか気になってしまった。紆余曲折あったが、この終わり方で良かったのではないだろうか。もうちょっとエピローグが長ければ良かったかな。次回作もよう太先生とのコンビのようで楽しみ。普通の学園ラブコメとかでも良いのですよ?期待。 …続きを読む
    天涯
    2018年09月20日
    2人がナイス!しています
  • おもしろかったです おもしろかったです
    mpeg7
    2018年08月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品