世界史の大逆転 国際情勢のルールが変わった

世界史の大逆転 国際情勢のルールが変わった 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年02月09日
商品形態:
電子書籍

世界史の大逆転 国際情勢のルールが変わった

  • 著者 佐藤 優
  • 著者 宮家邦彦
発売日:
2019年02月09日
商品形態:
電子書籍

これがナショナリズム、ポピュリズムの先にある新しい世界の原理だ!

保守化する世界、自国第一を突き進む国家、AIで働き手が疎外される社会……。かつての「当たり前」が逆転しはじめた。安全保障に精通した二人の博学が、何が時代後れになったのか、知っておくべきは何かを示す。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界史の大逆転 国際情勢のルールが変わった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 元外交官の二人による様々な国際情勢をテーマとした対談本。以前も二人の対談本はあったが、安定して面白い。ニュース番組やテレビの簡単な解説では分からない部分を知る為のきっかけ作りにもなり得る一冊。 元外交官の二人による様々な国際情勢をテーマとした対談本。以前も二人の対談本はあったが、安定して面白い。ニュース番組やテレビの簡単な解説では分からない部分を知る為のきっかけ作りにもなり得る一冊。
    岡本
    2019年03月18日
    114人がナイス!しています
  • 北朝鮮、中国、ロシア、イラン、サウジ、トルコ、ヨーロッパ等の世界情勢を、米国(トランプ氏)との関わりの中で解説した対談集。新自由主義の跋扈に伴う富裕層による経済支配の不満の捌け口として、民族主義が台頭 北朝鮮、中国、ロシア、イラン、サウジ、トルコ、ヨーロッパ等の世界情勢を、米国(トランプ氏)との関わりの中で解説した対談集。新自由主義の跋扈に伴う富裕層による経済支配の不満の捌け口として、民族主義が台頭。オバマ時代のエリート達による支配秩序はもはや崩壊し、トランプ氏の登場が歴史の必然だったか否かは分かりませんが、大逆転したルールを理解する一助となる本です。中でも第5章のAIの影響予測や第6章の民主主義の限界は読み応えがありました。トランプ氏への嫌悪を書き連ねただけで何も残らない池上本等とは雲泥の差でした。 …続きを読む
    キック
    2019年04月13日
    60人がナイス!しています
  • 朝鮮半島に注目すると、韓国はいまのところ、半島国家ではなく島国。確かに軍事境界線から北へは行けないので、日本と同じで資源を輸入しないといけないし、周りの国と上手くやっていくことを迫られる。そういう点で 朝鮮半島に注目すると、韓国はいまのところ、半島国家ではなく島国。確かに軍事境界線から北へは行けないので、日本と同じで資源を輸入しないといけないし、周りの国と上手くやっていくことを迫られる。そういう点では日本と価値観はある程度共有できているが、これが朝鮮統一となった場合、核を持ち、大陸とつながることから、アジアのパワーバランスが大きく変わることが考えられる。韓国の日本に対する考え方もより苛烈になるのだろうか。徴用工問題再燃で日韓の関係も悪化。今回強気に出た日本の判断がどう影響していくのかを注視。 …続きを読む
    たらお
    2019年07月20日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品