試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784040822358

間違いだらけのご臨終

  • 著者 志賀 貢
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784040822358

現役医師が教える「老衰死できない時代」の逝き方、看取り方

今の日本の臨終を巡る家族関係の在り方にどこか大きな間違いがあるのではないか。老衰死は全体の7.1%という現代で、臨終間近な患者の医療と介護の在り方、臨終に際しての家族の在り方を現役医師が説く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「間違いだらけのご臨終」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 老衰死とは何か、介護のあり方、看取るということ、家族のあり方、ご臨終の際の心構えなど。色々な問いかけをしており、学ぶことがたくさんありむした。 老衰死とは何か、介護のあり方、看取るということ、家族のあり方、ご臨終の際の心構えなど。色々な問いかけをしており、学ぶことがたくさんありむした。
    しんちゃん
    2018年08月06日
    7人がナイス!しています
  • 老親を看取ることが物理的に難しい。入院病棟を宅老所にしてはいけない。クレームは逆効果。などは現場で働く私にとってはとてもリアルな言葉だったので共感できました。また、患者さんやその家族が抱える事情も述べ 老親を看取ることが物理的に難しい。入院病棟を宅老所にしてはいけない。クレームは逆効果。などは現場で働く私にとってはとてもリアルな言葉だったので共感できました。また、患者さんやその家族が抱える事情も述べられていますので両方の視点で知ることが出来ます。医療福祉の分野の学生さんに読んでいただきたい一冊。 …続きを読む
    よねよね
    2018年07月27日
    3人がナイス!しています
  • 遺言を書きました。 死に方についても考えてみました。延命処置はいらないと単純にはいえないことがこの本でわかりました。 遺言を書きました。 死に方についても考えてみました。延命処置はいらないと単純にはいえないことがこの本でわかりました。
    sakase
    2019年09月07日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品