角川文庫(海外)

プロジェクト・ネメシス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041069097
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫(海外)

プロジェクト・ネメシス

  • 著者 ジェレミー・ロビンソン
  • 訳者 桑田 健
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041069097

死んだ少女の心を宿した怪獣がボストンに出現、人類は勝てるのか!?

国土安全保障省のジョン・ハドソンは、超常現象の専門家だ。獣人の目撃情報を受けてメイン州の山奥までやってきて、偶然不思議な研究施設を見つける。そこでは政府の秘密裡の恐ろしい実験が行われていた!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「プロジェクト・ネメシス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 以前読んだ『怪物島』のジェレミー・ロビンソ(ス)ンさん作。太古の巨大生物の発見、極秘裡の研究施設、超常現象、破壊に次ぐ破壊。変化していくモンスターのイラストも付いた、日本のあまたの怪獣物が大好きだとい 以前読んだ『怪物島』のジェレミー・ロビンソ(ス)ンさん作。太古の巨大生物の発見、極秘裡の研究施設、超常現象、破壊に次ぐ破壊。変化していくモンスターのイラストも付いた、日本のあまたの怪獣物が大好きだという著者によるサービス満点の娯楽怪獣小説。かなりアクションに力が入っていたり、怪しげな将軍やらバイオ会社が絡んでいるところ、怪獣の形態などはやはりアメリカっぽい感じでした。一応、幕は閉じるけれど、まだまだ物語は終わらないらしく続きが翻訳されるのが楽しみです。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2018年11月28日
    82人がナイス!しています
  • 閉鎖された空間での追跡劇といい、次第に大きさを増して人間を喰い散らかしながらゴジラ級に進化して都市を破壊する流れといい、些か外連味が強すぎるきらいはあるが、その分怪獣愛に溢れる一冊と云える。しかし、こ 閉鎖された空間での追跡劇といい、次第に大きさを増して人間を喰い散らかしながらゴジラ級に進化して都市を破壊する流れといい、些か外連味が強すぎるきらいはあるが、その分怪獣愛に溢れる一冊と云える。しかし、この物語の主題は人間であるのだろう。今も何処かで犯罪が行われている。彼女は人間の存在を感じとることが出来るが、そこには憎しみ、怒り、妬み、恨みと云った負の感情しか存在しない。 …続きを読む
    sin
    2019年03月01日
    55人がナイス!しています
  • 作者がいかに日本の怪獣もの(初代の頃のゴジラ・キングギドラ・モスラ等々)が好きかがわかるなあ、読んででうれしくなっちゃう作品。「怪物島」は本作の前日談とはいえ繋がりはまったくないので、どちらから読んで 作者がいかに日本の怪獣もの(初代の頃のゴジラ・キングギドラ・モスラ等々)が好きかがわかるなあ、読んででうれしくなっちゃう作品。「怪物島」は本作の前日談とはいえ繋がりはまったくないので、どちらから読んでも全く問題なし。ただし刊行予定の次作でこの2作の登場人物たちが交差するそうで楽しみ! …続きを読む
    Panzer Leader
    2018年08月03日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品