焼肉ドラゴン

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041069066

焼肉ドラゴン

  • 著者 鄭 義信
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041069066

たとえ、昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる……

万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。
関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花、梨花、美花の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。
失くした故郷、戦争で奪われた左腕。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる”それが龍吉のいつもの口癖だった。
そして店の中は、静花の幼馴染・哲男など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで、泣いたり笑ったり--。
そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった--。伝説の舞台を演出家自ら映画化&小説化!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「焼肉ドラゴン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 在日韓国人で焼き肉屋を営む家族の波瀾万丈な話!破天荒な感じの家族に、めちゃめちゃな常連客。それはもう毎日が大騒ぎ。当時の時代背景を学ベながら、その時代を生き抜く逞しさは、たとえ貧しくても力強いですね。 在日韓国人で焼き肉屋を営む家族の波瀾万丈な話!破天荒な感じの家族に、めちゃめちゃな常連客。それはもう毎日が大騒ぎ。当時の時代背景を学ベながら、その時代を生き抜く逞しさは、たとえ貧しくても力強いですね。『生きることが辛いとか 苦しいだとか言う前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ』と松山千春の歌を思い出す。登場人物はぶっ飛んだ個性豊かな連中が多いですが、父の龍吉は一家の大黒柱と真が通ってるという感じで好きかな。物語を通して、どんな環境でも生きてたらなんとかなるさということを学んだ気がします。 …続きを読む
    しんごろ
    2019年03月17日
    166人がナイス!しています
  • 「貧しい韓国人と、貧しい日本人が肩を寄せあって暮らしていた、あのホルモン長屋」。上下左右に熱く激しく揺れる感情がぶつかり合う、その生活音がガチャガチャと聞こえてくる。何故か感じる懐かしさに、瞼の裏がじ 「貧しい韓国人と、貧しい日本人が肩を寄せあって暮らしていた、あのホルモン長屋」。上下左右に熱く激しく揺れる感情がぶつかり合う、その生活音がガチャガチャと聞こえてくる。何故か感じる懐かしさに、瞼の裏がじんわりと暖かくなる。戦争で無くしてきたお父ちゃんの左腕、日本人学校でのいじめ、切ない三角関係、なさぬ仲でも溢れる思いやり、ドンとぶつけたあとビクビクと様子を伺う愛すべきナイーブさ。重たい背景を笑い飛ばす日韓入り混じった言葉の応酬。「たとえ、昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」。届かなかった言葉が辛い。 …続きを読む
    しいたけ
    2018年06月11日
    103人がナイス!しています
  • ああ、苦手だ。この、いることもいらないこともすべてが過剰な人々。すぐ喧嘩して取っ組み合いしたり、怒って怒鳴ったり、興奮して泣いたり、喜んで歌ったり踊ったり。先日、鶴橋で焼肉を食べる機会があり、そういえ ああ、苦手だ。この、いることもいらないこともすべてが過剰な人々。すぐ喧嘩して取っ組み合いしたり、怒って怒鳴ったり、興奮して泣いたり、喜んで歌ったり踊ったり。先日、鶴橋で焼肉を食べる機会があり、そういえばこの本、関西の焼肉屋の話だよねと思い出し読んでみた。やられた。濃いめの人たちの濃いめの人生に、ぐいぐい引きこまれてしまった。こういった人間の情の濃さやしがらみが苦手なのに圧倒されてしまう。劇作家の著者が描く家族たちの話。良書だった。https://chirakattahondana.com/焼肉ドラゴン/ …続きを読む
    honyomuhito
    2018年11月03日
    67人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品