角川新書

強がらない。

強がらないで生きること――「絶対に折れない自信」を手に入れるために。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784040822334
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

強がらない。

強がらないで生きること――「絶対に折れない自信」を手に入れるために。

  • 著者 心屋 仁之助
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月08日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784040822334

強がらないで生きること――「絶対に折れない自信」を手に入れるために。

「わたしはこれができません」「こんなことをやらかしました」――まるで丸腰で戦場を歩いているかのような感覚。でも、それは自分の中にずっとあったもの。カッコ悪くて、ありのまま。強がらない生き方のススメ。

メディアミックス情報

NEWS

「強がらない。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「嫌なことを辞めて好きなことだけする」「もっと人に迷惑をかける」本書で伝えられる生き方を多分1番体現している権化(笑)だから、妙に納得してしまいます。心屋本最新刊。この生き方を実際にして炎上もしまくっ 「嫌なことを辞めて好きなことだけする」「もっと人に迷惑をかける」本書で伝えられる生き方を多分1番体現している権化(笑)だから、妙に納得してしまいます。心屋本最新刊。この生き方を実際にして炎上もしまくってかつ「こんなに軽くて自由で幸せ」と言える心屋さんは本当に凄い凄すぎる…!わたしも段々一歩ずつ踏み出していきたいけど、多分なりきれない…でもそれを、受動的ではなく「自分でしたいからしてる。選んでる」と自覚すればまずは良いのかなと思った。心屋流の生き方が比較的論理立てて書かれてあるので分かりやすいのが良かった。 …続きを読む
    あきか
    2018年10月18日
    50人がナイス!しています
  • 自分を含め誰かを幸せにしてあげようはとても傲慢なこと。だって前提としてその人は幸せじゃないってことだもの。幸せじゃ“ない”、持って”ない”から「欲しい」と思ってしまうけど、そもそも気づいてないだけで「 自分を含め誰かを幸せにしてあげようはとても傲慢なこと。だって前提としてその人は幸せじゃないってことだもの。幸せじゃ“ない”、持って”ない”から「欲しい」と思ってしまうけど、そもそも気づいてないだけで「全部ある」。「好きなことだけやってもっと迷惑をかけよう」の意味がイマイチ把握できてなかったけど「人の嫌がることをわざわざやるんじゃなくて人に助けを求めよう」ってこと。責任を求めなくなると自分を含めて相手のことを許せて楽になれる。損得じゃなく好き嫌いで物事を選択し後は運任せ。結果と自分の価値は無関係。 …続きを読む
    オリーブ
    2018年12月24日
    13人がナイス!しています
  • 読み始めてしばらくの間は「何だかいい加減なことばかり言ってるなあ」と思ったのだが、次第に、「なるほど、言いたいのは「他人がどう思うかなんてコントロールできるもんじゃないんだから、そんなことにはとらわれ 読み始めてしばらくの間は「何だかいい加減なことばかり言ってるなあ」と思ったのだが、次第に、「なるほど、言いたいのは「他人がどう思うかなんてコントロールできるもんじゃないんだから、そんなことにはとらわれずに、取り繕うことなくありのままの自分をさらけ出しながら、自分が思うように生きろ」ということか」と、納得できるようになっていった。ただし、結果について引き受ける覚悟と、「うまくいかなくたって、怒られたって、大丈夫」という開き直りは必須。 …続きを読む
    Monsieur M.
    2018年10月18日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品